日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【驚愕のウェブ3.0革命!】Phaverが7億円の資金調達を達成し、オンボーディングを一新

【驚愕のウェブ3.0革命!】Phaverが7億円の資金調達を達成し、オンボーディングを一新

Web3プラットフォームはしばしば、テックに詳しい人や仮想通貨を知って使っている人向けのスペースと考えられています。その理由は、ほとんどの場合、すでに仮想通貨ウォレットを持っていることが求められるためであり、非仮想通貨ネイティブのユーザーを導入することは、多くのWeb3プラットフォームにとって困難な壁となっています。一般的な個人は、通常はそんな提案に圧倒されることが多く、それが分散型Webから遠ざかる原因となっています。

Phaverは、特にWeb3ソーシャルプラットフォームにおいて、その状況を変えることを目指しています。同社は、既存のソーシャルプラットフォームと似たWeb3の導入体験を提供するため、種まき資金700万ドルを調達したことをTechCrunchに独占告知しました。

ブロックチェーン技術の助けを借りて、ソーシャルメディアの風景を変革する巨大な可能性がありますが、Phaverの共同創設者兼CEOであるJoonatan Lintala氏によれば、ユーザーはその基盤技術には興味を持ちません。リアルな普及を推進するためには、ユーザー体験が通常のソーシャルベースのアプリのように感じられる必要があると彼は説明しています。

Phaverの技術は、人々がソーシャルメディアプロフィールを作成し、所有し、利益化し、データの共有方法に完全な制御を持つことを目指す分散型ソーシャルプロトコルに向けられています。ユーザーはまた、さまざまなソーシャルプラットフォーム上で自分のソーシャルプロフィールやコンテンツの所有権を保持することもできます。つまり、特定のネットワークに閉じ込められることはありません。

同社はこれまで、分散型ソーシャルネットワーキングエコシステムであるLens Protocol、およびWeb3ソーシャルネットワークであるCyberConnectとその技術、つまり「ソーシャルグラフ」を統合してきたと、同社の声明によれば述べています。

このラウンドには、Polygon Ventures、Nomad Capital、Symbolic Capital、dao5、Foresight Ventures、Alphanonce、f.actor、およびSuperhero Capitalが投資しました。また、クリプト取引所のSwissBorgもこのラウンドに参加し、その割当をコミュニティメンバーと共有しました。

スタートアップは2022年5月に「Web2.5」のモバイルアプリとして発売され、これまでに総額800万ドル以上を調達し、評価額は約8,000万ドルですと同社の共同創設者かつ最高財務責任者であるTomi Fyrqvist氏は述べています。資本はチームの拡大や製品開発、さらなるパートナーシップに使用される予定です。

Lintala氏は、Web3ソーシャルアプリの市場がまだ若いと認識しながらも、アプリのローンチ以来、安定的で一貫した成長を観察していると述べました。現在のユーザー数は約25万人です、と彼は付け加えました。

Phaverを利用する人のほとんどは(驚くことではありませんが)、主に仮想通貨コンテンツに焦点を当てていますが、Lintala氏によれば、アプリでは日常のスナップショットを共有する人の数が増えてきています。彼は、自分の祖母がアプリやLensで「小さなインフルエンサー」となり、彼の幼少期の写真を共有していることを指摘しました。

「私たちは、消費者インターネット、既存の大手テクノロジー、金融など、さまざまな領域の以前の経験の一部を組み合わせています」とFyrqvist氏は述べています。「そして、継続的な学習を通じて、この領域で解決すべき最も魅力的な問題に取り組む予定です」。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments