木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【驚きの超常現象!】Superordinaryが世界を震撼させる

【驚きの超常現象!】Superordinaryが世界を震撼させる

平均的なショッパーはおそらくSuperOrdinaryを聞いたことがないかもしれませんが、美容やスキンケアのファンであれば、スタートアップが取り組んでいるいくつかのブランドを聞いたことがあるかもしれません。Olaplex、Farmacy、Biossanceなどがその例です。このロサンゼルスを本拠地とする会社は、アメリカとヨーロッパの消費者ブランドがAmazonなどのマーケットプレイスで拡大し、ソーシャルコマースを通じて販売し、中国市場に参入するのを裏で支えています。SuperOrdinaryは、シリーズBの資金調達で800億ドルの評価額で5,800万ドルを調達したことを本日発表しました。このラウンドへの投資家には、Manzanita、Alliance Consumer Growth、Demira GateUpper90、SuperOrdinaryの創業者兼CEOであるJulian Reis氏などが含まれています。

SuperOrdinaryは6年前に上海で立ち上げられ、中国へ国際的なブランドをもたらすため(上海とニューヨークにオフィスがあります)に、そのサービスを拡大しました。現在では、ブランドパートナーのためのグローバル拡大、Amazonアカウントの管理、ブランド保護、ソーシャルコマースを通じたクリエイターモネタイゼーションなどを提供しています。

SuperOrdinaryは、次の1年間で収益性を実現し、売上高が3億5,000万ドルに達することを予想しています。同社によれば、昨年は年間30%の売上高成長を達成し、エンジニアリングチームの規模も3倍に増加しました。また、SuperOrdinaryのクリエイターエコノミービジネスも、昨年のFanfixの買収後、15倍の成長を遂げました。現在、同社は500人の従業員を抱えています。

2017年にSuperOrdinaryを立ち上げる以前、Reis氏はヘッジファンドやトレーディングで働いていました。市場の変化を観察していた中で、Reis氏は中国にはほとんどの西洋ブランドが存在しないことに気付きました。存在したのはLVMHなどの大手高級ブランドのものだけでした。

「アメリカやヨーロッパで利用可能な素晴らしい新しいインディブランドは存在しませんでした」と彼は言います。「2番目に気付いたのは、ライブストリーミングの現象が起こっていることで、どのハイストリートを歩いても人々が自分自身を撮影していました。ソーシャルコマースが本当にブームとなっており、西洋では利用できなかったのです。」

SuperOrdinaryが中国に最初にもたらしたブランドはFarmacyで、Reis氏によれば、同社はわずか数年で最大のクロスボーダーブランドの1つに育て上げました。2021年にFarmacyはProcter and Gambleに買収されました

SuperOrdinaryは、テストを含む中国の規制障壁の克服を支援しています。しかし、Reis氏によれば、市場戦略の開発がSuperOrdinaryにとってはより魅力的な課題であり、中国国内で300人のチームがソーシャルコマース、小売業者、Tmall、Taobaoなどを通じてブランドの販売をサポートしています。

「マーケティングをローカライズし、消費者に訴求し、消費者が時間を費やしている多くのチャンネルを巧みに利用できることが非常に重要です」と彼は言います。これには中国の重要な意見リーダーやインフルエンサーとの協力も含まれます。Reis氏は、現在SuperOrdinaryが市場で最大のライブストリーミングオペレーションの1つになっていると述べています。同社は、インフルエンサーのためのデジタルタレントマネジメントエージェンシーと商品をプロモートするeコマースプラットフォームであるGalaGalaを運営しています。

「ライブストリーミングには興味を持てる人が多くいましたが、その人気が上昇して頭打ちになるという考えがありました」と彼は言います。「しかし、実際には続いて強力なチャンネルとなりました。」

中国ビジネスの構築を終えた後、SuperOrdinaryは2021年に米国でAmazonサービスエージェンシーを開設し、また、クリエイターがコンテンツを定期購読、メッセージング、ライブストリーミングでモネタイズできるFanfixの買収を行いました。

今回の資金調達により、SuperOrdinaryは米国でのライブストリーミングやクリエイター主導のeコマースなどの機能をさらに増強する予定です(SuperOrdinaryが他のブランドをさらに買収する予定があるか尋ねられた際には、「常にグローバルフライホイールを通じて加速できるブランドの機会を見つける」ために常に目を光らせているとReis氏は語っています)。

SuperOrdinaryは、年間売上高が1,000万ドル以上のブランドと取引しています。米国では、美容、スキンケア、家庭、ペット、エレクトロニクスなど、あらゆるタイプの消費者向け商品(CPG)ブランドと取引することができます。販

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments