月曜日, 4月 15, 2024
ホームスタートアップ【革命的なエコモビリティ!】Bolt Earthがユニオンスクエアベンチャーズから資金調達

【革命的なエコモビリティ!】Bolt Earthがユニオンスクエアベンチャーズから資金調達

【Bolt.Earth】は、電気自動車の充電インフラとソフトウェアソリューションを提供するインドのスタートアップで、南アジア地域での展開を拡大し、新たな市場に参入するために2,000万ドルの資金調達を行いました。

ベンガルールに拠点を置くこのスタートアップは、既存および新規の投資家から新たな資金を調達し、その中にはユニオン・スクエア・ベンチャーズ、プライム・ベンチャー・パートナーズ、ITIGOファンドなどが含まれています。

2017年に創業された【Bolt.Earth】は、二輪および三輪の電動車に対するインフラとソフトウェアソリューションを提供しています。このスタートアップは当初、ブランド名REVOSのもとで接続デバイスを作成する旅をスタートしました。しかし、2018年に事業を拡大し、充電ネットワーク事業を開始しました。

【Bolt.Earth】は、この資金を利用して、既存の充電ポイントを11以上の都市に展開している30,000以上の充電インフラをさらに拡大するとコメントしました。このスタートアップは、3.3 kWから240 kWまでの出力を持つ高速および低速充電オプションを提供しています。約15万人のユーザーを抱えているとしています。

【Bolt.Earth】の共同創設者であるJyotiranjan Harichandan氏は、すでにインドのEV充電ネットワークの50%以上をカバーしており、毎月約2,000の新たな充電ポイントを設置していると述べました。

充電インフラの拡大に加え、資金調達は【Bolt.Earth】の存在感を拡大し、アジア、ヨーロッパ、南アメリカ、中南米などの新たな市場に参入するためにも使用されると述べています。また、同社は製品ポートフォリオを拡充し、新たな車両に対して【Bolt.Earth OS】と呼ばれるオペレーティングシステムを展開する計画も持っています。このスタートアップは、OEMとEVディーラーに対して低コード統合プラットフォームを提供し、EV上でソフトウェアによる体験を提供しています。このソフトウェアはすでにインドで2万台以上のEVに搭載されています。

この新たな資金の一部は、人材、エンジニアリング、製品など様々な分野で新たな才能を採用するために使われる予定です。

【Bolt.Earth】の共同創設者であるMohit Yadav氏は、準備された声明の中で、「EVエコシステムを変革する情熱を共有するビジョンを持つ投資家たちの支援を受け、20,000万ドルの調達が今回実現しました。現在の10万拠点以上に及ぶインド全土への普及に加え、『メイド・イン・インディア』のEV充電インフラ製品を世界市場に展開する時代を始めるためです」と述べています。

最新の資金調達の前に、【Bolt. Earth】は4,610万ドルを調達しており、その内4,000万ドルは2021年9月のシリーズAラウンドでの調達です(【Tracxn】のデータによる)。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments