月曜日, 4月 15, 2024
ホームスタートアップ【335億円評価!】Mach Industries、巨額7.9億ドルのシリーズAラウンドを締結

【335億円評価!】Mach Industries、巨額7.9億ドルのシリーズAラウンドを締結

>国防技術の新星、Mach Industriesは、ベッドロック・キャピタルをリードとするシリーズAラウンドで7900万ドルを調達し、テッククランチによると事後評価額は3億3500万ドルに急上昇しました。

Mach Industriesのグロース担当ココ・シュウは、新しい投資が「ベッドロックや他のトップティアの投資家たちから」行われたと電子メールで数値を確認しました。

Mach IndustriesのCEO、イーサン・ソーントンはのちにテッククランチに語ったところによれば、資金は「ベッドロックやDCVC、マルケなどの投資家たちからお金を調達し、国防ハードウェアを開発するために使われる」とのことです。

このスタートアップは、シーケンシャルキャピタルをリードとする570万ドルのシードラウンドを発表してわずか4か月後に新たなラウンドを調達しました。Machは、初期投資をチャンピオン・ヒル・ベンチャーズと1517ファンドから受けています。

Machは、無人航空機や水素発生システムを含む軍事用の水素動力プラットフォームや兵器を開発しています。確かに、この企業はその具体的な技術についてはあまり公にしない傾向にありますが、これは防衛スタートアップでは一般的です。しかし、大きく見積もって、現場で調達された水素が軍に戦場での重要な優位性をもたらすというのが大きな賭けです。

Machが提案する考えは、ペンタゴンと協力する多くの他のスタートアップと同じく、米国政府が従来の国防システムの調達方法からパラダイムシフトするものです。数十億ドルを非常に洗練されたシステムに費やすのではなく、スタートアップは製品の量産を目指し、開発サイクルを短縮するイテレーション開発プログラムを提供したいと考えています。これはシリコンバレーのトレードマークとなっています。

ベッドロックが国防技術へ進出するのはこれが初めてではありません。Andurilなどのマルチユニコーンが巨額の政府契約を獲得し、多くの資金を調達する中、この分野には過去18ヶ月間で増え続ける投資家が集まっています。ベッドロックの他の国防への投資先には、Anduril、オースティンに拠点を置くAI企業Modern Intelligence、防衛システムスタートアップEpirusなどがあります。

この記事は、イーサン・ソーントンのコメントを含むように更新されました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments