木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【支出を見直したい人必見!】Sparx EnterpriseがTruebillを導入し、何十万円もの節約に成功

【支出を見直したい人必見!】Sparx EnterpriseがTruebillを導入し、何十万円もの節約に成功

>スパークスは、企業の財務業務を管理するスタートアップで、定期的な支出に関して企業のコストを節約するための無料の自動化製品スイートの開発を続けるために310万ドルのシード資金を確保しました。

幼少期の友人であるリッキー・パティとニコ・フォトプロスは、他の早期ステージの企業でも一緒に働いた後に会社を設立しました。彼らは人工知能を利用してSaaS、クラウド、保険の支出の隠れた過剰支出を見つける機会を見いだしました。そして、自動化を利用してコスト削減策を実施することです。

「スパークスは本質的には企業向けのトゥルービルです」とCEOのパティはTechCrunchに語りました。「トゥルービルが消費者向けに行ったことと同様に、我々は非利用や過剰支出の領域を特定し、それらの領域での作業負荷を自動化し、そのような支出を抑制するのを助けます。」

予想されるグローバルな支出管理ソフトウェア市場は、今後7年間で460億ドル以上に倍増する見込みであり、最近では非常に注目されています。私の同僚のメアリー・アン・アゼヴェドは、BrexとRampが独自のAIパワードオファリングを導入したことについて最近書いています。

パティはRampを直接の競合他社とは見ておらず、同様にTropicのような調達管理企業もそうではないと述べています。ただし、彼はこの二つの企業とは異なり、スパークスの最大の差別化要素は無料であり、クラウドや保険のオファリングにおいてSaaSの支出だけでなく幅広い領域をカバーしていることです。また、平均して顧客に54%の節約をもたらしています。

「当社の顧客はオーバースペンドを削減するために当社に来ています。もう1つの20万ドルのソフトウェアライセンスがほしいわけではありません」とパティは語りました。「CFOやオペレーションの専門家が、定期的な支出全般にわたって節約を自動化するために使用できる真のホリスティックなプラットフォームを持っています。われわれは単一の問題解決ではなく、複合的なスタートアップであると見なしています。」

一方、新たな投資はDrive Capital、Thrive Capital、Human Capital、およびWicklow Capitalによるものです。スパークスは、新たな資金を展開して業務拡大およびマーケティング・セールスに投下する予定です。

スパークスはまだ初期段階であり、ベータ版をわずか6ヶ月前にリリースしたばかりです。しかし、その間に、会社は8月に黒字化し、年間繰り返し収益の7桁に近づいているとパティは述べています。また、BMW、Invisalign、Zillow、Bill.comを含む100以上のビジネス顧客がいます。

そして、必ずしも企業をターゲットにしているわけではありません。パティとフォトプロスは、ピザ屋がスパークスを利用してペパロニの調達を管理していると言います。これを実現するために、会社の将来と競争力はカスタムワークフローに関わってくると彼らは述べています。

「私たちがやりたいことは、すべてのメインストリームなアメリカ企業、小企業から大企業までが利用できる形態を持つものを作ることです」とパティは述べました。「それによって、非常にカスタムなワークフローを作る必要があります。長期にわたって金利は高いままであり、それはすべての企業に影響を与えるでしょう。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments