日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【調達を一発解消!】Pivotが痛みを取り除く大胆な提案を実現

【調達を一発解消!】Pivotが痛みを取り除く大胆な提案を実現

今年初め、フランスの大手テック企業が、1,000ユーロ以上の購入にはCEOへのメールを必要とするようになりました。それは、調達を管理するための適切なツールを持っていなかったからです。

フランスの新興スタートアップ、Pivotにご挨拶をしましょう。Pivotは、支出管理ソリューションを全面的に見直したいと考えています。Pivotは急速に成長している若い企業と協力し、調達ソリューションが必要だと感じている企業と一緒に働きたいと考えています。Pivotは、従来のビジネス支出管理システムをERPベンダーから選ぶのではなく、これらの企業にとって初めて(そして最後の)調達システムになりたいと考えています。

このスタートアップの船頭には、経験豊富な共同創業者3人がいます。ロマン・リボーはSwileの最初の従業員の一人であり、最近ではフランスのユニコーン企業のチーフプロダクトオフィサーを務めていました。 マルク・アントワン・ラクロワは、Qontoで数年間チーフテクノロジーオフィサー、そしてチーフプロダクトオフィサーとして働いてきました。 エステル・ギュリは、いくつかのエンタープライズ企業や< a href=”https://www.wave.ai/”>Wave.aiでワークフローエンジニアを務めてきました。

「私はSwileで運用に関してたくさん働きました。特に内部ツールに取り組みました。実際、最初に可能な限り多くの顧客を獲得しようとして、まずはゴーツーマーケット戦略と営業のためのツール、つまりSalesforceに焦点を当てました。その後、多くの顧客を獲得し、顧客を満足させたいと思いました。そのために、顧客サービスや顧客成功チームを構築しました」とリボーは語りました。

「そして、最後の部分に進むのですが、それは財務フローをどれだけうまく管理できるかです」と彼は付け加えました。それがPivotの役割です。

企業が調達の責任者を雇う場合、通常、その人物はまず要件をリストアップし、入札を行います。通常、Oracle NetSuiteの調達コンポーネントやCoupaなどの選択肢があります。そして、製品を企業に統合するのに数ヶ月かかり、調達チームは機能の10%しか使っていないような状況になることがよくあります。

Pivot以外にも調達を改善しようとするスタートアップはあります。アメリカでは、ZipLevelpathが数千万ドルを調達しています。「規制順守や支払いエコシステムに関する地域固有の機能があります」とリボーは述べています。

しかし、一部のアメリカのスタートアップが繁栄していることは、本当に市場のチャンスがあることを証明しています。そのため、PivotはすでにVisionaries、Emblem、Cocoa、Anamcara、Financière Saint Jamesなどの数多くのVC企業、およびLoïc Soubeyrand (Swileの創業者)、Steve Anavi (Qontoの共同創業者)、Hanno Renner (Personioの共同創業者)、Oliver Samwer (Rocket Internetの共同創業者)、Pierre Laprée、Alexis Hartmann、Alexandre Berricheなどの起業家や投資家から530万ドルのプリシードラウンド(500万ユーロ)を調達しました。

そして、非常に急速なペースで進展しています。今年4月の資金調達ラウンドの後、同社は夏に製品の開発を開始し、9月に最初のクライアントであるVoodooと共にローンチしました。

「私たちは段階的に展開しています。私がいつもチームに伝えているように、急いで物事を進めるほど速度は落ちる。しかし、私たちは年末までに約10社の顧客と契約を結ぶ予定です。つまり、私たちは取引を獲得しましたが、何事も急ぎたくありません」とリボーは語りました。

人間向けのPOワークフロー

大企業で働いていて頻繁に発注書を記入することがある場合、そのプロセスが苦痛だとよくわかるでしょう。フィールドが多すぎるし、各フィールドに何を書けばいいのか分からないし、発注書を避けるための回避策を見つけたいと思うかもしれません。

Pivotはそれをよく理解しており、POワークフローを少なく苦痛なものにするツールを設計しています。管理者はPivotのインターフェースから直接ワークフローを設定できます−コーディングスキルは不要です。たとえば、ソフトウェアベンダーとの非常に大きな購入は、セキュリティレビューやITレビュー、法的レビューなどをトリガーとするかもしれません。そのため、Pivotはサードパーティの統合と、誰にとっても使いやすいインターフェースに賭けています。

Pivotは既存のテックスタックに直接統合されます。組織図を人事システムから承認ワークフローに取得し、予算をPigmentやAnaplanなどから取得します。また、SlackやMicrosoft Teams、Jiraなどのコミュニケーションツールと連携します。

そしてもちろん、PivotはERPソフトウェア(NetSuite、SAPなど)と統合され、発注書が承認されるとベンダー、原価センター、コンプライアンスルールなどが即座に伝播します。

多くの企業が承認や終わりのないワークフローに時間を浪費しているため、Pivotはビジネスチームのスピードを落とさずに支出管理の層を追加したいと考えています。そして、多くの企業がお金の使い方を見直しているこのタイミングは適切だと考えています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments