金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【心の健康をサポート!】Beingアプリがユーザーのメンタルヘルスの悩みを解消する方法を提案

【心の健康をサポート!】Beingアプリがユーザーのメンタルヘルスの悩みを解消する方法を提案

>Beingは、メンタルヘルスアプリをスケールさせる使命を掲げるデラウェア州のスタートアップ企業です。このアプリは、ユーザーが日常の問題をより良く把握するために、自分の懸念事項のマップを作成することを目指しています。

この会社は、CEOのヴァルン・ガンディとCTOのアビシェク・シャルマによって2020年に設立されました。Beingのアイデアは、ガンディが幼少期に不安と向き合い、自分に合った治療法を見つけることができなかった経験から生まれました。

アプリを始めるには、現在抱えている問題や感情に関連するキーワードを検索することができます。たとえば、「今日の自分にはあまり良い気分ではありません」というようなワードから始めることができます。その後、「自分の身体的な健康状態はあまり良くない」といった追加の要素を入力することもできます。他のユーザーがマップに追加していない懸念事項を検索した場合は、新しい項目を作成することができます。

自分の懸念事項を追加した後は、マップを作成して現在取り組みたいさまざまな問題についての概要を確認することができます。そこから、マップはつながりを見つけて、特定の感情や状態に至る理由についてより全体像を提供します。

「マップは、人々がますます自分の懸念事項を共有するにつれてだんだんと成長しています」とガンディは語ります。「人々はさまざまなことから次々に移っていき、マップはあらゆる種類の動的なつながりを生み出しているのです。」

自分の懸念事項をマッピングしたら、それらに取り組むことができます。

Beingでは、現在3つの異なる方法でメンタルヘルスに取り組むためのオプションを提供しています。最初のオプションは、マインドフルネスベースの認知療法(MBCT)などに重点を置いたライセンス取得済みのメンタルヘルス専門家によるミニインタラクティブセッションです。

2番目のオプションは、AI技術を活用したジャーナリングセッションで、現在の状況に対して反省するための特定のプロンプトが与えられます。書き始めると、AIが追加の質問を促します。ガンディによれば、このアプリは基本的なAI機能のみを備えており、スタートアップ企業はAIによる信頼性のある科学的なバックアップを受けたセラピーを代替しようとはしていません。

3番目のオプションは、ガンディが「クイックバイト」と呼んでいる、特定の感情や状態になっている理由をすばやく理解したいという人々を対象とした科学に基づいた心理教育です。

ガンディは、メンタルヘルスを根本から捉え、抑うつや不安といった特定の懸念事項に早急に分類することなく、現在の感情からアプローチすることが重要だと考えています。

「私たちは人々が助けを求めるのを待たずに、メンタルヘルスを根本から捉え、その人が現在経験していることから始めようとしています」とガンディはTechCrunchのインタビューで語りました。「私たちはメンタルヘルスを、いつでもどこでも人々が経験しているという観点から見る始めたのです。なぜなら、私たちのほとんどはさまざまな問題を抱えているからです。」

同社は、自社のアプリが誰にでも向けられていると信じていますが、メンタルヘルスケアのより直接的なバージョンに慣れている人々は、このオープンエンド型のケアモデルを少し扱いにくく感じるかもしれません。

Beingは、iOSAndroid の両方で利用可能であり、2つの異なるサブスクリプションプランを提供しています。1つ目のプランは月額9.99ドルで、DIY体験が提供されます。2つ目のプランは月額19.99ドルで、追加のサポートやメンタルヘルス専門家との1対1のチャットが付属しています。

同社は現在、300万ドルのシードラウンドの締結中です。2021年と2022年には、Multiply VenturesとBetter Capitalを主導とする2つのプリシードラウンドで140万ドルの資金調達を行っていました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments