木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【爆発的人気!】グリンゴス・スーパーアプリ、ブラジルのドライバー向けにシリーズCで資金調達

【爆発的人気!】グリンゴス・スーパーアプリ、ブラジルのドライバー向けにシリーズCで資金調達

ブラジルには7,500万人以上のドライバーがおり、Gringoは彼らの自動車と保険のニーズに対応するスーパーアプリのサポートを提供したいと考えています。

このアプリでは、違反金の支払い、税金と免許の支払い、保険と車を担保にしたローンの契約など、ドライバーが車の文書とサービスを一つの場所で管理することができます。

2021年に800万ドル、2022年に約3500万ドルを調達した後、GringoはシリーズCラウンドでさらに3000万ドルを調達しました。合計で、Rodrigo Colmonero、Caique Carvalho、Juliano Dutraによって設立されたGringoは8000万ドルを調達しました。

新たな資金調達により、Gringoは自動車のクレジットと保険製品の拡大、新機能の導入を行うことができます。

Colmonero氏はTechCrunchに対して「運転免許証や文書の更新をすでにサポートしています。今度はドライバーが保険会社から最良のオファーを選べる保険も開発中です。また、ブラジルの銀行から最良のオファーを選ぶEquityも提供しています。これが私たちのアプローチが『ドライバーの最良の友達』になる理由です」と語りました。

今回の調達ラウンドはValor Capitalを中心に、既存の投資家であるKaszek、VEF、Piton、ONE VC、ICU Ventures、Actyusも参加しました。

Colmonero氏によれば、Gringoの顧客数は1000万人に成長し、今年末までに昨年の売上高を倍増させる意向です。

ブラジルでは中古車市場が大きく、毎年1000万台以上の車が売買されています。これがGringoが今度の目標にしている領域です。

Colmonero氏は「文書管理で使用したアプローチと同じ方法で、簡単な手段で車の購入と販売をするためにメーカーとのような振る舞いはしません。代わりに、顧客の車に関するデータを活用して、ドライバーが最良のオファーで車を売買できるよう支援します」と語りました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments