木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【驚異のAI観測プラットフォーム誕生!】Senserが9.5億ドル調達、新たな未来を切り拓く!

【驚異のAI観測プラットフォーム誕生!】Senserが9.5億ドル調達、新たな未来を切り拓く!

> Senserは機械学習を用いて開発者と運用チームが障害やサービスの劣化の根本原因により簡単に辿り着けるようにするAIOpsプラットフォームとして説明しています。このテルアビブに拠点を置く企業は、本日ステルスモードから脱し、Eclipseをリードとする900万5000ドルのシードラウンドを発表し、Amdocsとその他の私的投資家も参加しました。

Senserは、その中核となる技術として、ますます人気のあるeBPFを使用して企業のインフラストラクチャを監視しています。eBPFの利点は、Linuxカーネル内で実行されるため、追加の負荷をかけることなくネットワーキングやアプリケーショントラフィックを簡単に見ることができる点です。この技術の利点を考えると、多くの監視会社がこれを活用していますが、市場はますます飽和してきています。しかし、SenserはAIに賭けることで競争上の優位性を持つとしています。

SenserのCEO兼共同創設者であるアミール・クレイデンは、「多くのデータを収集すること自体は一つのことですが、本当の課題はそれを文脈化することです。’オブザーバビリティ’という言葉を例にとると、これはより文脈を持つものを意味し、それについて認識することはできますか? 私たちが興味があるのはその認識です。いまあるデータを見て、彼らが直面している未知のことを探すために、DevOpsチームやサイト信頼性チームの時間を節約することはできますか?(チームは)パーフェクトなダッシュボードを定義することには非常に慣れていますが、結局、失敗は完璧なダッシュボードを定義するのが得意ではないために起こります」と述べています。

Senserは、ダッシュボードを超えて、ユーザーが会社全体のインフラストラクチャ(クラウド上の仮想マシンやオンプレミス、Kubernetesクラスタ、マイクロサービスなど)にアクセスできるようにし、必要に応じて深く掘り下げる能力を提供します。特に、本番環境に焦点を当てています。

Krayden氏は、Yuval Lev氏とOr Sadeh氏と共にSenserを共同創設しました。3人は16年間の友人であり、イスラエルのスタートアップ創業者としてもイスラエル国防軍で共に勤務していました。その後、3人は大手かつ資金力のあるDriveNetsに加わりました。彼らは同社の最初の10人の従業員の中にいた人々であり、そこで通信事業者向けのハードウェアルーターを構築するためにクラウドネイティブ技術を利用していました。Krayden氏は、「スイッチとKubernetesの不適当な結びつき」と表現しており、その複雑なシステムのデバッグは利用可能なツールでは困難であると述べています。

3人は常に自分たち自身の会社を始めることを考えていました。また、Senserにも投資を行ったDriveNetsのCEOであるIdo Susan氏もこれを支持していました。Lev氏は「私たちは自分たち自身の製品会社またはスタートアップを始めたいと思っていたので、DriveNetsでの約6年後、Sensorを始める機会があり、私たちがとても苦しんだ問題に取り組む必要があると感じました」と述べています。

Senserの約束は、運用チームの生活を大幅に簡単にし、アラートの疲労を軽減することです。「既存のツールでは、システムのすべての異常に対してアラートが発生します」とKrayden氏は説明しています。「分散システムでは、多くのことに対してアラートが発生します。私たちの考え方は、症状にアラートが必要ではなく、システムイベントに対してアラートを発生させる必要があるということです。」したがって、Senserからアラートが届いた場合、会社のシステムがなぜ気にする必要があるのか、何がうまくいかなかったのかがわかります。その後、ユーザーはSenser自体がそれらの結論に至った過程を追跡することができます。Krayden氏は、説明可能性がこの中で最も重要な部分かもしれないと主張しています。

「倉庫の自動化やロボティクスなどの産業4.0アプリやドローンなどの屋外マッピングアプリは、物理的な産業の基盤を支えるために、クライアントとエッジの両方で確実に動作しなければなりません」と、Eclipseの創業パートナーであるLior Susan氏は述べています。「eBPFと機械学習を基盤とすることで、Senserはこれらのアプリを最高のレベルでパフォーマンスさせながら、設定とメンテナンスのコストの高さや有益な洞察の欠如といった問題をユニークな方法で解決しています。」

Senserは現在、17人の従業員を抱えており、急速に成長しています。他のシードステージの企業とは異なり、Senserはすでに数多くのマーケティング機能の求人募集を行っています。その多くはアメリカで行われています。「市場のこの時代の一部だと思います。マーケティングはますます重要になっています。良い製品を持つだけでなく、物語を伝え、世界に自分たちが何をしているのかを示すことがますます重要になっています。そしてそれを早期に行うことができること」とKrayden氏は語りました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments