木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【法律業界を変える革命!】Crediversoが3,500万ドル調達!

【法律業界を変える革命!】Crediversoが3,500万ドル調達!

>Crediversoは、TechCrunch Disrupt 2020でローンチした企業で、創業者兼CEOのCarlos “Charlie” Hernandez氏は、プレシリーズAの資金調達ラウンドとして3,500万ドルを調達したと発表しました。

新たな投資により、この企業は、アメリカのラテンコミュニティの数千人のユーザーに金融商品のアドバイスを提供してきただけでなく、法務技術とサービスに参入することができます。

Crediversoの最新製品「My Pocket Lawyer」は、消費者、小規模事業者、フリーランサーが複雑な法的問題に対して助けを得るための法的リソースへのアクセスを提供します。この製品は、生成型人工知能と大規模言語モデル技術に基づいてデータの収集とアクセスを支えています。

次に、Crediverso Learning Centerを通じて、同社は複雑な法的情報と財務情報をわかりやすい用語と次のステップに分解し、スペイン語話者と英語話者のコミュニティのために提供しています。My Pocket Lawyerは、いくつかのユーザーによるプライベートベータ版のテスト中です。

また、自身も弁護士であり、弁護士の家族で育ったHernandez氏は、「自身が弁護士になったことで法律を学びましたが、小さな事業主としての経験から、それを知らないことの人間的なコストを学びました。」とTechCrunchにメールで語っています。

Hernandez氏は、「My Pocket Lawyerがそのギャップを埋めます。私たちは、法的アドバイスが手の届かないために搾取された人々の物語を毎日耳にします。それが私たちを駆り立てているのです。」と述べています。

彼は、カリフォルニア州弁護士会の調査報告書を引用し、法律の費用と手続きの不確実性のために法的支援を求める者はカリフォルニア州民のわずか32%に過ぎないことを示しています。

Crediversoは、家主とテナント、労働紛争、契約のレビューと実行などのケースを特に対象とする必要性を特定しました。これらのケースでは、消費者と事業者には2つの選択肢があります。オンラインで法的情報を探すか、弁護士を雇うかです。

Hernandez氏は、「LegalZoomやRocket Lawyerなどのオンラインプラットフォームは存在していますが、一般的な記事ではユーザーの個別の関心事に対応できず、機能や専門性に欠けることが多いです。逆に、法律事務所は数多くありますが、時給は200ドルから500ドルと幅広く、リッチな人向けの選択肢でしかありません。これらの二つの選択肢の中で迫られた多くの人々は、必要な法的リソースにアクセスできないという状況に陥っています。」と述べています。

彼はさらに、「My Pocket Lawyerは、多くのケースで弁護士の必要性を50%以上削減するでしょう。」と付け加えました。

このラウンドの主導投資家はTorch CapitalとGaingelsで、既存の投資家であるBessemer Venture PartnersとAct One Venturesも参加しました。Crediversoの総資金調達額は、この3,500万ドルを含めて660万ドルになります。

Hernandez氏は、新しい資本を技術開発や製品開発に投入し、「My Pocket Lawyer」のローンチを計画していると述べています。

また、Hernandez氏は「信頼できる検証済みの弁護士が必要な複雑な法的問題に関するユーザーの質問に対応するため、資格のある弁護士のネットワークを構築する予定です。さらに、契約分析を超えるMy Pocket Lawyerの機能を一般に提供することも目指しています。」と述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments