月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【超絶成長!IPO目前!】Cato Networksが評価額30億ドルで2億3800万ドル調達!

【超絶成長!IPO目前!】Cato Networksが評価額30億ドルで2億3800万ドル調達!

>Cato Networksは、ソフトウェア定義型ネットワーキングと、セキュリティ管理サービス、グローバルバックボーンサービスを1つの提供で包んだテルアビブ拠点のスタートアップで、本日、同社が評価額30億ドル以上で2億3800万ドルの株式投資を調達したことを発表しました。

ラウンドをリードしたのはLightSpeed Venture Partnersで、Adams Street Partners、Softbank Vision Fund 2、Sixty Degree Capital、Singtel Innov8も参加し、Catoの総調達額は7億7000万ドルに達しました。

「Catoは新しい資金を3つの重要な分野で組織のスケール拡大に使います」と、Catoの創設者兼CEOであるShlomo Kramer氏はTechCrunchの電子メールインタビューで語りました。「Catoのビジョンと顧客成功をより広範なオーディエンスに提供し、パートナーエコシステム提供を拡大し、革新的な能力に携わるエンジニアリングおよび製品チームを育成します。」

Kramer氏はシリアルアントレプレナーであり、Catoを2015年に設立しました。以前にもITセキュリティ企業であるCheck Pointと、ビジネス向けの監視およびリスク管理ソリューションを提供するImpervaの共同創設者でした。Catoでは、教育背景としてコンピューターサイエンティストおよび数学者であるKramer氏は、ネットワークセキュリティに関連する従来のアプローチの複雑さ、コスト、リスクを最小限に抑えるプラットフォームとアーキテクチャを作りたいと考えました。

「サイバーセキュリティおよびネットワーキング業界は、進化する脅威のリスク、リモートおよびハイブリッドワーク環境のセキュリティ確保の複雑さ、拡張性とアジリティを必要としています」とKramer氏は述べています。「問題ごとにさらに別のポイントソリューションを追加するだけでは解決策にはなりません。それは単にITの複雑さとコストを増やすだけです。必要なのは、これらの課題すべてに対応する単一のプラットフォームであり、既存の支出を再利用します。」

Catoの製品は、クラウドベースのメッシュ技術です。これにより、ビジネスはどこにいてもネットワークリソースに接続することができます。同社は世界中にポイント・オブ・プレゼンス(自社および他のネットワークへのアクセスポイント)を運営しており、Catoのネットワーキングおよびセキュリティリソースを提供しています。

Catoは、自社クラウドに接続されたすべてのデバイスと顧客のネットワークフローのメタデータのデータベースを保持し、セキュリティ情報を付加します。このデータベースは、Kramer氏によれば、社内のトレーニングと分析に使用され、Catoがネットワーク上でのデータ損失防止や悪意のあるファイル検出などのために「堅固な」AIモデルを作成するのに役立ちます。

「Catoは特別に開発されたAIを使用して、250以上の脅威インテリジェンスフィードを自動的に処理し、関係のない侵入の違法な証拠を選別し、人間の介入なしで4時間ごとに最新のブラックリストをクラウド全体に提供します」と彼は付け加えました。「Catoはまた、侵入防止システムの一部としての脅威防止のために深層学習アルゴリズムを使用しています。そのアルゴリズムは、フィッシングやランサムウェア攻撃でよく利用される悪意のあるドメインを識別します。」

Catoのネットワークは、技術的にはソフトウェア定義型広域ネットワーク(SD-WAN)であり、名前が示すように、ソフトウェアを使用してネットワーク接続デバイスとクラウドリソースの間の接続性、管理、およびサービスを制御します。また、SASE(Secure Access Service Edge)でもあり、ネットワークとセキュリティコントロールがデータセンターではなく接続元に直接提供されます。

従業員やアプリケーションがパンデミック後に広く分散する中で、SASEとSD-WANは人気を集めています。Omdiaの最近の調査によると、SD-WANの収益は2025年に64億ドルに達する見込みで、前回予測から6億ドル増加します。一方、Dell’Oro Groupによると、SASEの成長は2022年第2四半期にQ1に比べて30%以上急増しました。

明らかに、Catoはこのトレンドから恩恵を受けており、パロアルトネットワークスなどの既存企業との激しい競争にもかかわらず成長しています。

Catoのネットワークは、顧客数1900以上のビジネス全体で接続されている約67万人のリモートユーザーを抱えており、昨年、年間継続収益10,000万ドルを超えました。

「ネットワークとネットワークセキュリティをクラウドネイティブサービスに収斂することで、Catoは運用の複雑さ、リスク、コスト、苦労を取り除き、ビジネス目標に集中することを可能にします」とKramer氏は述べました。「Catoは、グローバルでクラウドネイティブなネットワークと組み込まれた企業向けセキュリティ機能を提供することで差別化を図り、ITチームの複雑さを減らすために複数のポイントソリューションの必要性を排除します。」

Catoの最終目標は、Kramer氏が以前のインタビューで示唆しているように、来年には上場することです。最新の資金調達ラウンドは、それらの計画を妨げないと彼は主張しています。

Catoは新しい資金を使って、製品の提供拡充と「グローバルな到達力」を拡大し、年末までの従業員数を800人から900人以上に増やす予定です。

「パンデミックは安全でスケーラブルなリモートワークソリューションの需要を加速させ、それは私たちの強みに合致しました」とKramer氏は述べました。「私たちは変化する状況に適応し、成長を遂げています。私たちの財務の状態と成長戦略により、IT業界全体の停滞などの可能な逆風にも効果的に対処できます… 私たちは、成長目標をサポートする持続可能な財務モデルを維持することにコミットしています。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments