木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【作家になるのが簡単に?】Writerがエンタープライズ向けの創造的AIプラットフォームで10億円の調達に成功

【作家になるのが簡単に?】Writerがエンタープライズ向けの創造的AIプラットフォームで10億円の調達に成功

>投資家たちは、クリアな企業向けアプリケーションを持つジェネレーティブAIのスタートアップにまだ飽きていません。

例えば、Writerは、ビジネス向けの「フルスタック」ジェネレーティブAIプラットフォームを開発している企業です。本日、同社はICONIQ Growthをリードとし、WndrCo、Balderton Capital、Insight Partners、Aspect Ventures、そしてアクセンチュアやヴァンガードといったWriterの顧客も参加したシリーズBラウンドで1億ドルを調達したことを発表しました。

この資金を得たことで、Writerの総調達額は1億2600万ドルとなり、会社の評価額は500〜750億ドルに達しました。この新たなトランシェは、Writerの「業界固有」のテキスト生成AIモデルの開発に充てられます。共同創設者兼CEOのメイ・ハビブ氏は、TechCrunchに対して次のように語っています。「多くの企業は、まだジェネレーティブAIを活用するのに限定的です。ほとんどは内部向けの’CompanyX-GPT’アプリケーションを作成しているのが現状です。しかし、より困難で影響力のあるユースケースには、情報の検索増強生成、データ収集とクリーニング、ワークフロー構築についてのさらなるノウハウが必要です。そして、彼らはその作業の90%がその部分であることに気付いています。それが、Writerがはるかに簡単にする部分です。すべてのデータと大規模な言語モデル(LLM)は、企業の仮想プライベートクラウド上にホストされるため、企業にも適用可能です。

Writerは、OpenAIやその他のジェネレーティブテキストAIの競合他社(例:AnthropicAI21 LabsMistral AIなど)に加えて、企業向けのジェネレーティブプラットフォームJasperCohereTypefaceなども含む、混雑した市場で競合しています。これらの企業は、広告やメールキャンペーン用のコピーからブログ投稿、フライヤー、ウェブサイトまで、様々なドキュメントの作成や生成を行うAIのツールを提供しています。

それでは、Writerは他と何が異なるのでしょうか?まず一つは、著作権のないビジネスライティングをもとにそのチューニング可能なモデルを訓練したと主張しています。これは、AIによる作品の著作権状況が米国内であまり明確ではない現在において、重要なポイントです。また、Writerは自社のモデルが「他よりも小さく」、より「コスト効率的」であると主張しています。さらに、顧客はモデルのコード、機能、データを検査することができ、そして決して顧客のデータでモデルを訓練していないことを保証しています。

Writerを含むいくつかの競合他社と同様に、Writerは顧客がビジネスデータソースとそのモデルを接続し、研究や事実確認、質問に対する回答の能力を向上させることを可能にしています。さらに、Writerは企業がプラットフォーム上のモデルに対して規制、法的要件、ブランドルールを適用することができます。

これらの機能により、Intuit、United Healthcare、UiPath、Spotify、L’Oreal、Uber、Accentureなどを含む「数百」の顧客を獲得しています。100人の従業員を擁するサンフランシスコに拠点を置くWriterは、過去2年間の収益を10倍に伸ばしたと語っています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments