木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【最先端の産業制御システムを守る!】Dragosが7億4,000万ドルで調達に成功!

【最先端の産業制御システムを守る!】Dragosが7億4,000万ドルで調達に成功!

>Dragosは、製造および産業設備の制御システムを保護するためのソフトウェアを開発している企業であり、WestCapをリードとするシリーズDの追加ラウンドにより7400万ドルを調達しました。

このラウンドにより、Dragosの総調達額は4億4000万ドルに達し、スタートアップの事後評価額は2年間で17億ドルのままです。DragosのCEOであるRobert Leeは、新たな資金を「成長と拡大を続けるため」に企業の顧客基盤に投入すると述べており、現在の顧客数は約400の組織と政府です。

「株式はDragosに最も操作的な柔軟性を提供します」とLeeはTechCrunchへの電子メールインタビューで語りました。「シリーズDの追加資金はDragosの工業用サイバーセキュリティを世界中でよりアクセスしやすくするための支援となります。」

Leeは、Dragosを、アメリカ空軍のサイバー戦争作戦将校としての経験に触発され、数年前にJustin CavineeとJon Lavenderと共同設立しました。Dragosを通じて、Leeは特に電力、水道、石油・ガス、化学などの産業で活動する資産所有者とオペレーターが、産業設定でハードウェアの監視、管理、制御装置を標的とする脅威係数からインフラを保護する役割を果たすことを望んでいました。

データによると、このようなハードウェアでの攻撃、いわゆる産業制御システムへの攻撃は、頻度だけでなく洗練度も増しているとされています。Dragosの競合企業であるWaterfall Security Solutionsによれば、2022年に産業制御システムへの攻撃は57件で、前年比で攻撃件数が140%増加しました。

また、海洋・沖合油・ガス・化学セクターのコンサルティンググループであるABS Groupの最新の調査では、組織の45%が制御システムへの脅威を「高い」と認識しており、さらに15%が「深刻または重大」と同意しています。

Frost & Sullivanは、2020年の33億ドルから2025年には産業用サイバーセキュリティ市場が102億ドルに達すると予測しています。

Leeは述べています。「悪意のある行為者は、サイバー攻撃を利用して世界の産業インフラの環境を攻撃し制御しています。以前は比較的「エアギャップ」があった産業制御は、ますますITネットワークに繋がっています。」

Dragosは、組織の資産と通信を可視化することでこれらの制御を確保しようとしています。同社のプラットフォームは分析を活用して脅威を特定し、脆弱性を優先し、攻撃への対応を支援するためのガイドラインを提供します。

Leeは、Dragosが顧客に対して管理型のハンティングサービスと脅威インテリジェンスサービスを提供する産業制御セキュリティベンダーの数少ない企業の一つであると主張しています。Dragosは産業制御システム環境内で脅威活動を追跡し、報告し、顧客が匿名で広く共有することも可能です。

500人の従業員を抱えるDragosは、過去数か月間にわたって積極的な拡大に注力してきました。この春と夏には、特にドイツ、オーストリア、スイスで西欧での存在感を増強し、サウジアラビアとアラブ首長国連邦での展開を拡大し、ITコンサルティング企業Macnicaと提携して日本でのDragosの製品提供を開始しました。そして、先月、Dragosはシンガポール政府のサイバーセキュリティ部門と3年間の契約を締結し、同国の運用技術と重要なインフラに対するサイバー攻撃に対抗するための支援を行っています。

直接的な契約や顧客への関与に加えて、Dragosはパートナープログラムの立ち上げに取り組んでいます。このプログラムはDragos Global Partner Programとして今年始めに立ち上げられ、Dragosのアセット発見と脅威検出サービスを転売し、管理し、展開するパートナーに対してトレーニングを提供しています。

以前のインタビューで、LeeはDragosが将来的にIPOする意向だと語っています。いつにするかは時間の問題のようです。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments