月曜日, 4月 15, 2024
ホームスタートアップ【住宅ローン金利の影響で不動産テック企業が大打撃!】続く苦境に業界騒然

【住宅ローン金利の影響で不動産テック企業が大打撃!】続く苦境に業界騒然

>The Interchangeへようこそ。ここでは、前の週の最もホットなフィンテックニュースをご紹介します。今週は、あるスタートアップのレイオフ、他のスタートアップが従業員に株式購入オプションを提供することなどを取り上げます。もしも直接毎週日曜日にThe Interchangeを受け取りたい場合は、こちらで登録してください!

$2B以上の評価額から従業員の大量解雇へ

先週、私はDivvy Homesの1年で3回目のレイオフについて報告しました。これは、不振の不動産テックセクターの最新の犠牲でした。

私は2019年9月に賃貸購入のスタートアップDivvy Homesについて初めて書きました。当時、Divvy Homesは「賃貸者から[家]オーナーに移行する」ための使命を助けるために4300万ドルのシリーズBラウンドを発表したことを発表しました。それから、2021年2月には私は同社の1億1000万ドルのシリーズCについても取り上げました。

もちろん、当時は非常に異なる住宅市場でした。金利はまだ比較的低く、市場は厳しい状況ではありましたが、まだ家を買っていた人たちもいました。Divvyも他の多くの企業と同様に、COVID-19パンデミックがビジネスにどのような影響を与えるか最初はわからなかったと述べています。しかし、2020年が進むにつれて、世界中の人々が自宅にいる時間が以前よりも長くなり、Divvyは需要が増加する一方であると述べました。そのため、わずか6ヶ月後にスタートアップはさらに2億ドルを調達し、推定23億ドルの評価額を達成しました。

2022年になると、住宅ローン金利は倍増し、自宅を売却したり、自宅を購入しようとする人々が減少

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments