木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【ビジネスの闇を暴く!】オープンソースコードが解き明かす証拠のビジネスインテリジェンス

【ビジネスの闇を暴く!】オープンソースコードが解き明かす証拠のビジネスインテリジェンス

TableauやLookerからPowerBIなど、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールは数多くあり、会社が多くのデータから洞察を引き出すのを支援するために設計されています。しかし、新参者が技術的なデータチームを対象にした新しいBIスマートを持ち込んで登場しました。

2021年にカナダのトロントで創立されたEvidenceは、Y Combinatorの2021年夏のスタートアップコホートから現れ、人気のあるBIツールのモダンな代替品を提供しています。確かに、多くのBIツールは共通の特徴を共有していますが、対象とする「誰」によって異なることがあります。データ取り込みにおいては、GoogleのLookerのようなコードベースのワークフローを提供するものもあれば、テクニカルではないデータアナリストを対象にしたドラッグアンドドロップベースのインターフェースを提供するものもあり、それ以外のミックスのものもあります。

さらに、BIソフトウェアは様々なプロプライエタリとオープンソースのフレーバーで提供されており、それが会社が展開するツールに影響を与える要因となることもあります。

Evidenceは、データ製品をSQLとマークダウンを使用して構築するという、非常にコードベースの観点からアプローチしており、それに加えて完全にオープンソースです。

商業展開を拡大するため、Evidenceは本日、一定額のシード資金を調達し、Evidenceを展開および自己ホストするリソースを持たない企業向けにプレミアムクラウド製品を開放すると発表しました。

ドラッグアンドドロップを脱する

ドラッグアンドドロップのBIワークフローは、データチームがデータをより簡単に管理・操作できるという点で重要です。しかし、これには手動的なアプローチには及ばない洗練性と細かさが欠けることがあります。

「ドラッグアンドドロップのレポート作成プロセスは、多くのデータチームにとっては問題ありませんが、技術的なデータチームにとっては非常に苦痛です」と、Evidenceの共同創設者兼COOであるショーン・ヒューズはTechCrunchに語りました。「これにより、エンドユーザーが非常に使いにくいデータ製品やデータチームのメンテナンスが非常に困難なものになってしまいます。」

Evidenceでは、データソーシングからレポートの定義まで、すべてのステップをコードで実行します。ヒューズによれば、これはソフトウェアエンジニアのように操作することを好む現代のデータチームにとって好ましい方法です。例えば、これによりバージョン管理やガバナンスがサポートされます。ユーザーはGitを使用してワークフロー全体とチームの協力を管理でき、プロジェクトの完全かつ正確な履歴を作成できます。また、これにより、製品の以前のバージョンを再訪問したり、古いコードを切り取り/コピー/貼り付けて再利用したりすることができます。

「大部分のBIツールは古くなり、壊れた、関係のないレポートで埋め尽くされています。なぜなら、何かを構築してからそれを別の場所に移動するのは非常に時間がかかるからです」とヒューズは説明します。「その結果、物事を捨てたくないのです。Evidenceではそういうことはありません。」

さらに、コードベースのアプローチは、チームがより包括的な継続的統合および展開(CI / CD)の取り組みをサポートすることもあります。

ヒューズは説明します。「変更を加えながらプロジェクトの開発バージョンで作業し、その変更に対してテストを実行し、プルリクエストを使用して更新を本番環境にリリースすることができます。」

Evidenceは、何かしらの意味で、広範なノーコード/ローコードムーブメントに対する「反対」または「抵抗」のように思えるかもしれませんが、ヒューズ氏は、自社が分析領域で勢いを増している別のムーブメントの「拡張」としての役割を果たしていると考えています。

「データチームは、データスタックでコード駆動型かつオープンソースの製品を採用する傾向にあります」とヒューズ氏は述べました。

ヒューズ氏がこのポイントを強調するために使用したアナロジーの一つは、おおよそ誰でも自分自身のウェブサイトを構築するのを助ける数十億ドルの巨大企業であるSquarespaceのものです。確かに、数百万人のユーザーに役立っていますが、あらゆるシナリオには適していません。

「ノーコード/ローコードのレポート作成ツールは多くのユーザーにはうまく機能しますが、より技術的なデータチームにとってはあまりにも制約があります」とヒューズ氏は述べます。「フロントエンドウェブ開発チームにSquarespaceを提供するのと同じです。Squarespaceはシンプルなウェブサイトを作成する必要のあるユーザーには最適ですが、プロの開発者はもっと多くを望み、必要とします。私たちは、ノーコード/ローコードツールでは可能なことを超える技術的なデータチームのために素晴らしいものを構築することに焦点を当てています。」

また、オープンソースはLookerやTableauなどの業界の重鎮と比較しても大きなセールスポイントです。LightdashやMetabase、またApache Superset(VC支援の商業団体も存在します)など、それらのツールの多くはTableauやLookerとほぼ同様に見えますが、自己ホストできます。もちろん、このこと自体が非常に大きな利点です。企業はデータを完全にコントロールできますが、このオープンソースのアプローチとコードベースのワークフローを組み合わせたEvidenceは、世界中の企業から称賛されることを期待しています。

アーリーアクセスモードの延長期間を経て、Evidenceは新しい招待制プログラムの一環として、招待ベースでより

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments