火曜日, 2月 27, 2024
ホームスタートアップ【爆発的なクラウド活用術!】Exostellarが1.5億ドル調達、企業のクラウド投資を最適化

【爆発的なクラウド活用術!】Exostellarが1.5億ドル調達、企業のクラウド投資を最適化

パブリッククラウドサービスに対する出費は、IDCによると、今年の$5317億ドルから2026年までに$1.1兆ドルに達する見通しです。(参照)しかし、クラウドサービスの利用が拡大するにつれて、組織はcomputeにいくら費やしているか正確に把握するのがますます難しくなっています。

Statistaによると、およそ82%の企業が今日のクラウド経費管理を「重要な」課題として捉えています。(報告)また、Flexeraによると、今年のクラウド経費の自己評価による無駄な出費は28%です。(参照)(1年前の32%から減少しています)しかし、AIなどのcompute重視のテクノロジーへの需要が増える中で、コストの最適化と無駄の最小化の必要性は続いています。

クラウド管理のジレンマは、computeの出費を追跡し最適化するためのソリューションを構築する新しいスタートアップのカテゴリーを生み出しました。そんなソリューションへの需要を裏付ける形で、Spend-optimizingのスタートアップであるExostellarは、CelestaとCambium Capitalが主導し、Alpha Intelligence Capitalも参加した1,500万ドルのシリーズAラウンドを本日締めくくりました。

Exostellarの最新評価は4,000万ドルですと最近任命されたExostellarのCEOであるTony Shakibは語りました。

「テクノロジーにおける大きな停滞は、クラウドインフラストラクチャのコスト削減にさらなるビッグチャンスを提供しています」とShakibはTechCrunchの電子メールインタビューで述べました。「その結果、トレンドを利用できる絶好の位置にあるのです。」

Exostellarは、ニューヨーク州イサカに拠点を置くExotaniumとして、2018年にCornellのコンピュータサイエンスの教員であるHakim WeatherspoonとRobbert van Renesse、そして彼らの元PhD研究員でもあったZhiming Shenが設立しました。(参照)現在は、ExostellarのCTOとなっています。

Exostellarのソフトウェアは、最も安価なクラウドインフラストラクチャ間でワークロードを動的に割り当て、リアルタイムで移動する試みです。アプリケーションに依存しないこのソフトウェアは、Slurmなどの他の一般的なリソース管理ツールと連携するために設計されています。

Exostellarのソフトウェアは、例えばAWSにおける現在のスポットインスタンス価格などの変数を監視し、プロバイダーがインスタンスをシャットダウンする可能性を予測します(スポット価格は、需要が増加するにつれてそのコンピューティングリソースが他の顧客に再割り当てされるリスクと引き換えに、コンピュートの割引を提供します)。スポットインスタンスのシャットダウンが間近に迫っているように見える場合、Exostellarは一時的により高価な標準レートのクラウドインスタンスへのワークロードの移動を行います。

Exostellarのソフトウェアはまた、インスタンスを最小限の数に統合し、現在のワークロードに合わせてインスタンスのサイズとパワーを自動的に調整しようとします。

Shakibは「Exostellarの技術により、顧客のクラウドインフラストラクチャの利用率を増やしながら、クラウド経費の増加はありません」と述べました。「オンデマンド、予約、スポットのインスタンス価格のトレードオフを排除することで、Exostellarは組織に長期的な財務的なコミットメントなしで最も安価なクラウド価格を提供します。」

Exostellarは、クラウド経費管理市場(FinOpsとも呼ばれる)では競争相手に事欠かないです。近年の分析によると、この市場は今年の約$10億ドルから2028年までに$27.5億ドルに成長する見込みです。

Shakibは、ライバルと見なしているいくつかのベンダーを挙げました:NetApp所有のSpot.io、Cast AI、VMwareのCloudHealth、Apptio、nOps、Zesty。ZestyはAIを活用してクラウドストレージとコンピュートを自動的に調整し、コストを節約するためのテクノロジーに75,000,000ドルを調達しましたが、Cast AIはクラウド利用を最適化するプラットフォームの拡大と開発のために2,000万ドルを確保しました。

競争相手に先んじるため、Exostellarは(Astera Labs、Synopsys、米国エネルギー省の2つの研究所、Argonne National LaboratoryとIdaho National Laboratoryなどの)顧客を対象にしており、Azure、Google Cloud、IBM Cloudなどの他のパブリッククラウドプラットフォームへの展開を計画し、GPUインスタンスへの対応も予定しています。(現在、ExostellarはCPUインスタンスのみをサポートしています。)

“パンデミックは課題を生み出した一方で、機会も生み出しました”Shakibは述べました。「ほとんどの組織が完全にオンラインで運営しているため、クラウドアプリケーションサーバーへの需要が過去最高に達し、Exostellarテクノロジーの需要が高まっています。」

Shakibが指摘したように、クラウド経費管理およびビジネスモニタリングスタートアップであるAnodotの2021年の調査では、91%の企業がITインフラをクラウド上に持っており、50%の企業が追加のワークロードをクラウドへ移行する予定であることが判明しました。回答者のおよそ半数が、オーバープロビジョニングやチームやサプライヤー間でのクラウドの資産の破綻によって無駄が生じていると述べており、これはExostellarの成長機会を示しています – もちろん、競争相手によって邪魔されなければの話です。

Exostellarは、イサカのほかにサンタクララにもオフィスを構えており、これまでに$2,000万ドルのグラントをDoEとNational Science Foundationから獲得しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments