金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【効果絶大!】AtomicWorkがビジネスワールドを一瞬で変える!

【効果絶大!】AtomicWorkがビジネスワールドを一瞬で変える!

時には仕事に取り込んでもらうことが、実際の仕事から時間を奪ってしまいます。休暇の申請、技術要求の提出、社内規則の確認などのタスクは、特にリモートやハイブリッドワークモデルを採用している企業において、人事・IT部門に多くの事務作業をもたらします。Atomicworkは、これらのワークフローを自動化するAIアシスタントを提供することで支援しようとしています。シリコンバレーとシンガポールを拠点とするこの企業は、Blume VenturesとMatrix Partnersをリード投資家として、1,100万ドルのシード資金調達を行い、本日ステルスモードからのローンチとなります。Storm Ventures、Neon Fund、そしてエンジェル投資家も参加しています。

Atomicworkは、ヴィジェイ・ラヤパティ、キラン・ダリシ、パルスラム・ヴィジャヤシャンカルによって2022年9月に創設されました。彼らはすべてSaaSのベテランであり、10年以上の付き合いがあります。ラヤパティは以前、クラウドコンピューティング企業Minjarを立ち上げ、2018年にNutanixによって買収され、Atomicworkを始める前に同社のGMとして勤務していました。一方、ダリシとパルスラムは、Freshworkの創設チームの一員でした。

ラヤパティはTechCrunchに対し、Atomicworkの発端は、彼らが協力する人々が彼らの成功に不可欠であるにもかかわらず、彼らの従業員が日常業務に必要なソフトウェアを同じレベルで提供されていないことに気付いたと語りました。100社以上の企業との対話の中で、同チームは多くの他社が複雑な内部ソフトウェアとプロセスに取り組んでおり、多くの繁忙作業を引き起こしていることを確認しました。

「給与明細を財務部から受け取ったり、ハードウェアのリクエストを行ったり、休暇書類や交通費書類を探したりするなど、シンプルなことでも貴重な時間がかかってしまいます」とラヤパティは述べています。「これは従業員だけの時間にとどまらず、ITチームや財務チームの時間も浪費されているのです。自分たちがどの部署にどのソフトウェアを使用すればよいかもわからない場合、複雑な内部システムと向き合うことは、従業員にとっても大きな時間の浪費となります。」

多くの企業の従業員は、ヘルプデスクに問い合わせたり、ITチームや人事チームに相談する必要があります。これには1日かかる場合もあり、特に組織が異なるタイムゾーンに分散している場合はさらに時間がかかります。また、従業員ポータルのFAQを検索して「新しいデバイスにメールを追加する方法」などの質問に答えを見つける必要があります。

Atomicworkは、AtomというAIアシスタントを備えた協業ツール(SlackやMicrosoft Teamsなど)の上に位置し、従業員の質問やIT、人事、財務、法務などの部門へのリクエストに回答します。

例えば、従業員が「アトム、明日は休みですか?」と入力すると、「はい、明日は労働者の日なので休みです」と応答します。また、「新しい携帯電話でメールを設定する方法は?」と尋ねると、Atomは適切なリンクを返答します。

Atomicworkには、企業の業務を支援するさまざまなワークフローがあります。完全自動化されたワークフローでは、一般的な従業員の質問への生成的な回答や経費処理のような手動介入なしでタスクが処理されます。セミオートメーションされたワークフローは、必要に応じて自動化と人間の監視を組み合わせ、ベンダーの支払いやリクエストの承認、従業員のオンボーディング・オフボーディングを効率化します。

Atomicworkのターゲット顧客は、500人から2,000人の従業員を抱える中堅企業であり、従業員サポート業務のために専用の予算があることが多いと説明しました。ラヤパティは、自社の競合他社としてServiceNowを挙げていますが、Atomicworkの特徴は、会話型AIを最初から搭載していることです。Atomicworkは、中堅企業に従業員が利用しやすい内部配信システムを提供することを目指しています。

同社は法務、設備、ビジネスオペレーション、総務など、すべての従業員サポートチームへの展開を計画しています。また、営業オペレーション、パートナーオペレーション、ベンダーオペレーションなど、その他の内部チームへの参入の機会も見込んでいます。

「最終的には、Atomicworkは組織内外のビジネスサービス管理スイートとして成長すると考えています」とラヤパティ氏は述べています。

Storm Venturesのパートナーであるアルン・ペンメッツァ氏は、投資に関して次のように述べています。「過去20年間における人事・ITソリューションの急増は、従業員が対話しなければならないツールが非常に多くなり、遅延や生産性の低下をもたらしています。Atomicworkは、この痛みに対応し、従業員エクスペリエンスを劇的に向上させる、ハイブリッドワークフォースのための単一のセルフサービスプラットフォームを提供しています。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments