土曜日, 9月 30, 2023
ホームスタートアップ【仮想通貨業界の衝撃】資金調達が凍結寸前!

【仮想通貨業界の衝撃】資金調達が凍結寸前!

>暗号通貨とブロックチェーンのスタートアップは、資金調達がなかなかうまくいっていません。全体的な資金調達の低下、デューデリジェンスへの強い関心、そして米国におけるマクロ経済環境と規制への懸念が影響しています。

一見すると、8月はこの空間のスタートアップに一部の救済をもたらしたようです。PitchBookの最新データによると、ベンチャーキャピタルは91社に対して8億1900万ドルを投資しました。これは、この空間の企業が7月に調達した5億4280万ドルよりも約51%多い金額です。

しかし、8月は実際には2億8000万ドルを調達した「シャリア準拠」のデジタルアセット取引所Haqqexと、クリプトカストディアンのBitGoが調達した1億ドルを含めて初めて良く見えるようになったに過ぎません。これらの2つのラウンドを除くと、実際には7月と比べて先月の投資額は下がってしまっていたのです。

昨年の同じ時期と比較すると、先月の総額は若干悪くなっています。データによると、昨年は17億4000万ドルの調達があり、それに比べると53%の減少です。

これは新しいトレンドではありません。ベンチャーキャピタル投資家たちは2022年第一四半期以来、デジタルアセット業界にあまり興味を持っていません。第二四半期には、この空間への投資は5四半期連続で減少しました。

しかし、8月の良い数字でも出血を抑えられるかはわかりません。第3四半期にはWeb3のスタートアップが13億8000万ドルを調達しており、第2四半期の水準を超えるためには、9月にさらに9億6000万ドルの資金調達が必要となるでしょう。過去2か月間の状況を振り返ると、それは非常に困難なことのように思われます。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments