木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【驚愕!Eコマース大手が破産申請】ネットユーザー騒然、Benitagoの未曽有の破局

【驚愕!Eコマース大手が破産申請】ネットユーザー騒然、Benitagoの未曽有の破局

ベニタゴ・グループは、アマゾンの電子商取引事業の買収会社であるが、今週倒産を申請した。この動きは、このニューヨークに拠点を置く企業が過去2年間で資本と債務合わせて3億8000万ドルを調達した後のものである。

申請書によれば、同社は米国マンハッタンの連邦倒産裁判所に債権者からの保護を求めており、資産と負債の範囲は5000万ドルから1億ドルに及んでいる。

ベニタゴ・グループは、ベネディクト・ドーメンとサンティアゴ・ネスタレスによって2016年に設立された。TechCrunchは最初に2021年3月に会社を紹介し、アマゾンのマーケットプレイスで販売するために構築されたブランドの買収資金として資本と債務の両面で5500万ドルを調達した。

同年、同社は 3250万ドルのシリーズAの資本と債務を調達 し、CoVentureが主導し、会社のM&A部門の開発などに使用する予定である。

しかし、2022年11月、ドーメンはTechCrunchに対して、噂に反して会社はまだビジネスを続けているが、M&A部門において14%のスタッフを解雇しなければならなかったと述べた。

ベニタゴは申請時点で約750万ドルの現金を持っていた。ネスタレスは破産申請の一環として、「パンデミック後半、ロックダウンが終了した際に消費者の嗜好が変わった」と述べた。

確かに、2021年には、電子商取引のロールアップ市場は急速に成長し、企業はその攻勢を続けるためにベニタゴとともに多額のベンチャーキャピタルを獲得した。

ただし、最近は電子商取引の成長は比較的停滞しており、第三者の電子商取引ブランドの積極的な買収も減少している。ロールアップセクター内でも合併が行われており、最近数ヶ月間でこのような企業のベンチャーキャピタルの受け入れはほとんどなかった。

一方、ベニタゴは債務の再構築やビジネスの一部の売却を検討している。裁判所の申請書には、健康補助食品、オフィス用品、美容製品など300以上の商品を販売する15のブランドの知的財産権など、さまざまなエンティティが記載されている。

ベニタゴ・グループ幹部が完全閉鎖しなかったことを確認し、一部の従業員を解雇した

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments