金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【革命的フードプラットフォーム誕生!】Prasoが9.3億ドル調達でブラジル料理界に進出

【革命的フードプラットフォーム誕生!】Prasoが9.3億ドル調達でブラジル料理界に進出

>Prasoは、小売業者向けの流通プラットフォームを提供する、ブラジルに拠点を置く企業です。同社はシリーズAの資金調達として930万ドルを確保しました。また、人工知能を使用して小規模なバーとレストランの購入を自動化する会社であるFlokiの知的財産を取得したことを発表しました。取引の詳細は開示されていません。

ラテンアメリカの小売業者は、自分たちの棚を埋めるために、数十、場合によっては数百の卸売店との関係を管理する必要があります。このプロセスは、リージョンで電子商取引が急速に拡大しているにもかかわらず、主にオフラインおよび手動で行われるものです。店頭での長蛇の列での待ち時間や、オンラインで注文した場合でも商品を受け取るために車で出かける必要があるといった経験があります。

この問題に対する技術的な解決策を提供するために、例えばNocnocMiferiaChiperなどのスタートアップが過去数年で設立されました。Prasoは2021年にSamuel Carvalho、Fernando Bilfinger、Rodrigo Castellariによって設立され、彼らとともに参加します。

B2Bの焦点

Prasoを立ち上げる前、CEOのCarvalhoは、小売業者に金融技術ソリューションを提供する企業であるStoneで、小売店と一緒に働いていました。

「ここ10年から12年の間に、eコマースにおける消費者空間の急速なデジタル化が見られましたが、ビジネス対ビジネスはほとんど開拓されておらず、これに対処する巨大な機会があると感じました」とCarvalhoはTechCrunchに語りました。

同社は、大手食品サービスメーカーとバー、レストラン、カフェ、ベーカリーといった小規模な小売業者をつなぎ、需要生成、最終マイル物流、購買行動の理解、クレジットソリューションにデータ駆動のアプローチを提供しています。

Recife出身のCarvalhoによれば、同社は国の北東部に位置しており、この地域では競合他社がほとんどいません。また、この地域は500万人の潜在的な販売業者顧客がいるため、規模も十分です。

Carvalhoは、競合他社が価格に敏感なコーナーストアやその他の小売業に焦点を当てていると述べました。しかし、バー、レストラン、カフェ、ベーカリーは便利さとサービスに重点を置き、一般的に利益率が高いため、価格交渉をする必要があまりありません。

「ここでは、現地のメーカーとの成長の余地がまだたくさんありますし、我々は北東ブラジル外のメーカーともつながる計画を持っています」と彼は述べました。「一部の現地のメーカーは大手卸売業者に依存するようになりましたが、以前は利益を得ることができなかった小売業者にリーチする方法を見つけたいと考えています。」

ビジネスモデルの転換

Prasoは、120の供給パートナーと7,500の商人との取引を行っています。元々のビジネスモデルでは、供給パートナーから購入し、商人に再販することでした。同社はサプライヤーに購買行動などの顧客データを提供しています。

最近では、保有在庫ではなく、実際のフルフィルメントを提供する方向にシフトしています。Carvalhoは、多くのメーカーが商人に対応するための物流能力を持っていないため、Prasoが小売業者向けのフルフィルメント業務全体を担当します。同社は物流および需要生成から収益を上げます。また、マーケットプレイスを通じて顧客を獲得する際にも収益を上げます。

過去1年間で、同社は売上高を7倍に増やし、今年末までにさらに3倍に成長する予定です。2023年には、Prasoは収益を上げ、すべての受注に利益を生み出している状態になったとCarvalhoは述べました。

一方、Valor Capital GroupとNFXがシリーズAを共同リードし、既存の投資家であるBase Partners、Formus Capital、Iporanga Ventures、Endeavor Scale-Upも参加しました。合計で、Prasoは1450万ドルを調達しています。

Carvalhoは、Prasoが展開している4つの都市圏での物流ネットワークの拡充と、既存の顧客ポートフォリオへのFlokiのデータインテリジェンスと購買洞察の導入に投資する予定です。将来の機能には、商人が適切な資本を必要とするタイミングを把握できる支払い管理や、最終的には自動的に注文を履行できる在庫管理なども含まれます。

また、Prasoは「今買って後で支払う」というような魅力的な支払条件を提供する、商人向けのクレジットサービスに取り組んでいます。

「これらの小売業者は、ほとんどすべての面でオーバーチャージされ、十分なサービスが受けられていません」とCarvalhoは述べました。「我々は、食品サービス業と小規模企業に特化したサービスを重ね合わせることで、非常に重要なビジネスを構築する可能性があると考えています。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments