金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【天才投資家集団誕生】ハッスルファンドが天使投資のYCを目指し更なる拡大戦略へ!

【天才投資家集団誕生】ハッスルファンドが天使投資のYCを目指し更なる拡大戦略へ!

あるトルコのシェフ、オーストラリアのパイロット、オレゴンの理学療法士、海軍の潜水艦オペレーター、そしてベイエリアのDJ。これらの人々の共通点は何でしょうか?彼らは皆、Hustle Fundのエンジェルスクワッドという新たなエンジェル投資家のための投資コミュニティの一員です。

Hustle Fundは、元500スタートアップスのパートナーであるElizabeth YinとEric Bahnによって設立された、初期段階に重点を置いたベンチャーファームです。去年の9月には、4,610万ドルの資本コミットメントで3番目のファンドを閉じました。

このファームは2021年にステルスモードから登場し、エンジェルスクワッドを形成しました。このエンジェルスクワッドは、エンジェル投資をより多くの人々にアクセスしやすくすることを目的としています。エンジェルスクワッドを通じて、Hustle Fundは包括的な投資家コミュニティの構築、最低投資額の低下(最低1,000ドル)、”エンジェル教育”の提供、およびHustle Fundとともにスタートアップに投資する方法を投資家に提供しています。

実験の一環として始まったものが、Hustle Fundの最大の収益源になりました。エンジェルスクワッドは9月に比べて900人増の1,500人のメンバーに成長し、2022年第2四半期から3倍以上になったとAngel Squadの共同創設者であるBrian Nicholsは述べています。

彼はTechCrunchに対して「これはエンジェル投資への関心が減退したという物語とは真逆です。テックエコシステムでは完全に当てはまると思いますが、テック以外の人々の好奇心はむしろ増しています」と述べています。「彼らはより客観的に考えることができるため、過大評価された投資ブームの間よりも投資するのにはずっと良い時期だと気づいています。」

Hustle Fundはこれまでに、Rupa Health、Karat、Forageなどの企業への65件の取引で、エンジェルスクワッドのメンバーに対して特別目的法人(SPVs)を通じて2,300万ドルを投資してきました。現在、Angel Squadは季節ごとに250人のメンバーを受け入れています。グループはさまざまな場所から集まっています。メンバーの75%はサンフランシスコ・ベイエリア以外に基盤を置き、25か国が代表されています。10%がアンダーレプレゼンテッドで、30%が女性です。シンガポールは、ベイエリアとニューヨーク市に次ぐエンジェルスクワッドメンバーの第3の拠点です。

Hustle Fundがウォンビーエンジェルに魅力的な理由の1つは、メンバーになるために認定される必要がないことです。実際、このファームは、認定されていないエンジェルにだけでなく、シリーズ65の試験費用も補償すると述べています。メンバーは、四半期ごとまたは年会費を支払うことでスクワッドに参加することができます。

Nicholsは「他のエンジェルグループやステータス志向のグループとは違って、我々はそれが『私がクラブに入っていて、あなたが入れない』または『私がこの限定的なものに入っていて、あなたは望んでいる』というマークになることを本当に望んでいません」と述べています。「それはまったく逆です。彼らが参加しているのは、誰にでも開かれた包括的なコミュニティの一部であることを示しています。Hustle Fundで私たちが信じることの一つは、より多くのエンジェル投資家がスタートアップに資金提供するという使命です。Hustle Fundが起業家に起業を奨励するように、時間の経過とともに起業家と投資家が多様性を持つようになるという第2、第3の影響が次第に現れてくると私は思います。」

Hustle Fundの共同創設者で一般パートナーであるBahnにとって、エンジェルスクワッドはエンジェル投資家の定義を再定義しようとしています。「長い間、エンジェル投資家とは単にサンドヒルロードの裕福な白人男性であり、またVCでもありました。それは同じものでした。しかし、世界中の他の人々はどうなのでしょうか?これをしているべき多くの人々がいますが、自分にはできないと思っています。そして、どこから始めればいいのかわかりません」と彼はTechCrunchに語っています。「私たちはどこから始めるべきかを示し、私たちとともに投資する機会を提供します。」

メンバーになるためには、「a-hole(嫌な人)」ではないことが最も重要な基準だとNicholsは述べています。

AngelListのCEOであるAvlok Kohliにとって、Angel Squadのミッションは彼の組織と非常に一致しています。「名前は似ていますが、Angel SquadはAngelListの顧客であるという関係があるだけです。競争関係ではありません」と彼はメールで述べています。「私たちは他のVCファンドがビジネスを展開するためのプラットフォームを構築してきました。」

彼の見解では、Angel Squadは「エンジェル投資家の独占的なネットワークを構築し、場合によってはより多くの人々がスタートアップへの投資にアクセスできるようにしています。これを積極的に行っているファンドはあまりありません」と彼は付け加えました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments