月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【驚愕の評価額大幅ダウン】Rampが5.8億ドルで3億ドル調達

【驚愕の評価額大幅ダウン】Rampが5.8億ドルで3億ドル調達

FintechスタートアップのRampは、既存の後援者であるThrive Capitalと新規投資家Sands Capitalが共同リードして実施された資金調達ラウンドで3億ドルを調達し、事後時評価額は58億ドルに達しました。

先週、The Informationによると、支出管理企業のRampは「数億ドル」を55億ドルの評価額で調達していると報じられました。Rampは2022年3月に最後の資金調達を行い、評価額81億ドルで2億ドルの株式資金調達を行いました。この企業は2019年の設立以来、総額で970 millionドルの株式資金調達と700 millionドルの債務資金調達を確保しています。

最新の資金調達に参加したその他の投資家には、General Catalyst、Founders Fund、および他の既存の後援者も含まれています。また、General Catalystの議長兼マネージングディレクターであり、American Expressの元議長兼CEOであるKen Chenault氏も投資決定に関与したと報じられています。

この新たな資本を活用して、同社は製品開発を加速し、関連カテゴリに進出し、今年後半には「大幅な採用」を行う予定です。

仲間に加わる

18ヶ月間でRampだけでなく、多くのFintechスタートアップが評価額を下げています。この分野の多くの大型非上場企業は、StripeやKlarnaなどを含めて評価額が大幅に減少しています。また、セカンダリ市場の取引を基に、Rampの現在の評価額は、プライベート市場向けの価格設定ツールを提供するNotice.coが予測した値とほぼ同じであることが示唆されています。Noticeの創業者であるTyson Hendricksen氏は、7月にTechCrunchに対して、セカンダリ株式取引に基づいてRampの評価額を48億ドルと推定していると語っています。

3月に共同設立者でCEOのEric Glyman氏がTechCrunchに対して、昨年の収益が4倍に増加し、特に請求支払いの最も成長の早いセグメントが牽引したと述べましたが、まだ利益を上げていないと述べました。同社は2022年3月までに1億ドル以上の年間収益を達成し、現在は3億ドル以上の年間収益を達成していると述べています。

特に当時の幹部は、スタートアップがいまだバランスシート上に「これまで受けたほとんどの[株式]資金」を保有していると主張していました。

いずれにせよ、現在の環境で3億ドルを調達することは容易ではありません。CB Insightsによると、第2四半期にはグローバルなFintechスペースの資金調達はほぼ半分に減少し、2017年以来の最低水準の78億ドルになりました。また、その3ヶ月間には1億ドル以上のメガラウンドからの資金調達はわずか20億ドルで、6年ぶりの低水準となりました。

さまざまな展開

Rampは、製品と顧客の両面での成長を望んでおり、その意向を表明しています。6月には、RampがAIを活用した顧客サポートツールを開発したスタートアップのCohere.ioを買収したことがTechCrunchの独占報道で報じられました。そして、今月初め、Rampは「複雑な」企業に重点を置きながら調達市場への参入を発表し、カナダのEC巨大企業Shopifyを新たな顧客として獲得したことも発表しました。

Rampは、当初は中小企業(SMB)に重点を置いていましたが、「あらゆる規模のビジネス」(スタートアップから数十億ドルの企業、ジャガイモ農家まで)と協力するようになりました。その会社によれば、2022年3月時点でRampを利用している企業は5,000社に対し、早ければ今年8月現在で15,000社以上になっています。

インボックスでさらなるFintechニュースを受け取りたいですか?こちらでThe Interchangeに登録してください。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments