金曜日, 2月 23, 2024
ホームアプリ【アーティスト必見!AIパワーのクリエイティブツール「Wand App」が4.2億ドルのシード資金を調達】

【アーティスト必見!AIパワーのクリエイティブツール「Wand App」が4.2億ドルのシード資金を調達】

>Wand.appは、アーティストが手動でカスタマイズし、アイデアを視覚化する能力を持つAIパワードのクリエイティブツールで、O’Shaughnessy Venturesが主導した420万ドルのシードマネーを調達しました。アーティストが特定のビジョンを持って創造したいと思っている場合、生成されるコンテンツに制御力が制限されるAIパワードのクリエイティブツールは、彼らにとって疎外感を与える可能性がありますが、Wandはビジュアルツールと個人化の組み合わせで、このギャップを埋めようと試みています。

2021年12月に設立され、WandはCEO兼創設者のグラント・デイビスの発案です。テキストのプロンプトを使用して複雑なイメージを作成するための多くのツールがありますが、Wand.appが望まないことは、AIを使用して人間の創造性と想像力を置き換えることです、とデイビスはTechCrunchに語りました。

デイビスは「もしアーティストが既に具体的なビジュアルを心に描いているのであれば、このテクノロジーを使って妥協することなくそのビジョンを実現できる理想に向かって努力すべきだと思います」と述べました。「残念ながら、言葉はビジュアルの詳細を伝えるにはあいまいすぎるため、テキストプロンプトでこれらのモデルをガイドできる場合には妥協が避けられません。Wandは、イラストレーションツールを用いて、スケッチを受け取り(それが新しい図面であったり既存の画像の視覚的な編集であったりする)、それを具体的な提案に変える方法によって、この問題に対処します。」

Wandでは、アーティストが独自のスタイルをパーソナルAIに教えることで、自分たちが求めている特定の美的センスと一致する結果を得ることができます。編集プロセスはすべて、個人またはグループが作業を反復するための自由形式のアートボード内で行われます。

このツールは現在、ベータテスターの小さなグループと一緒にテスト中です。企業は数ヶ月以内にWandを一般公開する予定です。

デイビスはWandの価格設定について、「WandはクリエイティブAI製品のDalle2、Midjourney、Dream Studioなどと同様の価格設定を考えています。現時点では、アプリ内のクレジットシステムを使用して企業のGPUコストを支払っています。長期的には、Wandはサブスクリプションモデルを検討する予定です。」と述べています。

デイビスは、Wandがモバイル、タブレット、そして近々デスクトップで動作することで、他のAIパワードのクリエイティブツールとは異なる点を強調しています。彼は、これにより編集プロセスがより滑らかに感じられ、より多くのグラフィカルなツールをサポートすることができると指摘しています。また、アーティストはWandのイラストツールにApple Pencilを使用することができます。

デイビスは「他の多くのAIツールは、よりウェブに焦点を当てています。一般的に言って、Wandは他の製品と比べてアーティストに特化しており、彼らのイラストスキルによって、技術的な概念や複雑なUIを提示せずに、より高度な視覚制御を提供できるのです。」と述べています。

新しい資金調達に関しては、Wandは協力チーム機能を構築するために資金を使い、それに加えてデスクトップに拡張する新しいクリエイティブツールも開発する予定です。Wandは基礎モデルアーキテクチャの改善と微調整技術の研究も進めています。

この資金調達ラウンドには、Betaworks、Charge Ventures、Long Journey、Notation Capital、Twelve Below、BDMIが参加しています。エンジェル投資家にはAmy Wu、Eden Chen、Jared Hecht、Steve Martocciなどが含まれています。

将来の展望について、Wandは、アーティストが自分の作品で微調整したモデルを共有または販売する方法を探求しています。Wandは、大規模な基礎モデルがウェブスクレイピングでトレーニングされ、自分の作品が使用されることに同意していないアーティストの作品を含めるという問題に鑑みて、このような機能がアーティストの作品が認識され、報酬を受け取るためのスタート地点になると考えています。

ただし、Wandはまだそのような機能の構築を急いでいません。なぜなら、悪意のある行為者が他人の作品を盗もうとしたり、有害なコンテンツを共有しようとすることを防ぐことができるマーケットプレイスを確保する必要があるからです。

Wandはまた、3Dモデリングへの応用を探求しており、2Dで何かをデザインし、AIが自動的にそれを3Dモデルに変換する時代が訪れると考えています。デイビスは、Wandが既存のツールセットを自然に3Dに拡張できるため、これに最適なメディアになると信じています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments