日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【驚愕のニュース!】ジャック・ドーシーがInstagramを辞任!ファーストネームのハンドルネームが自由になる!

【驚愕のニュース!】ジャック・ドーシーがInstagramを辞任!ファーストネームのハンドルネームが自由になる!

@jackのインスタグラムアカウントが再び手に入るようになりました。本日、Twitterの共同創業者で元CEOのジャック・ドーシー氏が、BlockのCEOに就任した現在、彼は自身のインスタグラムアカウントを削除したことを発表しました。このアカウントは一番人気のあるファーストネームのハンドルです。通常、このようなハンドルはセカンダリマーケットで数千ドルで売買されているため、もしハンドルが再び利用可能になれば、誰かが高額で購入して大儲けするかもしれません。

ドーシーは分散型ソーシャルメディアのNostrでの投稿で、数年間使用していなかったためアカウントを削除したと共有しました。

「なぜこんなに時間がかかったのかわかりません」と彼は書いています。「私はプラットフォーム上で最初の10アカウントの一つであり、最初の天使投資家のひとりでした。[インスタグラムの共同創業者] ケビン [シスタム] は当時私たちのインターンでした」とドーシー氏は投稿で述べています。(Odeoは2005年にNoah GlassとEvan Williamsによって設立され、後にObvious Corporationとして再編され、Twitterの誕生地となりました。)

ドーシー氏はまた、InstagramがFacebook(現在はMeta)に売却された後、アプリの使用をやめたことも共有しています。この「ノーフィルター:Instagramの舞台裏」で詳細に記録されています。

ドーシー氏とシスタム氏はOdeoで一緒に働いて以来の友人であり、TwitterはInstagramを買収しようとしたこともありましたが、拒否されました。後にドーシー氏はInstagramが当時の最大のライバルであるFacebookに10億ドルで売却されることを知り、Systrom氏が直接彼に伝えてくれなかったことに傷つき、アプリへの投稿を停止したと本に記載されています。本は、2012年4月9日以来、ドーシー氏が投稿していないことを指摘し、彼がInstagramの売却について知った朝の写真を記録しています。その写真は空っぽのサンフランシスコのバスを写しています。

しかし、その写真を含む他の写真は歴史の中に消えてしまいました。instagaram.com/jackは行き詰まりです。

アカウント削除のタイミングはもちろん興味深いです。なぜならInstagramは現在、自社のマイクロブログアプリThreadsを通じてTwitterと同じ市場で競合しているからです。ドーシー氏はエロン・マスクの買収後、Twitter(現在はXと改称)の株を保有しました。先月、Google Bardの誤ったAI生成の出力がドーシー氏をTwitterの売却での勝者と呼ばれたスクリーンショットに対し、ドーシー氏はNostrの別のユーザーに対してこの事実を思い出させました。

ただし、元TwitterのCEOはTwitterと競合する他のソーシャルネットワークを支援しているため、アカウント削除はおそらくThreadsに対する愚痴ではないでしょう。

例えば、ドーシー氏はTwitterのライバルであるBlueskyの立ち上げを支援し、初期のプロジェクトをTwitterのCEOとしての任期中に育成しました。Blueskyは昨年、R&Dに取り組むためにTwitterから1300万ドルの資金を調達したと発表しました(追加の資金調達も行っています)。

また、ドーシー氏はビットコインの寄付で分散型ネットワーキングプロトコルNostrを支援しました。彼は現在、Damusなどのクライアントを通じてアクセス可能なNostrに定期的に投稿しています。

Twitterの共同創業者は今回の投稿の結びに、「@nameの行方が気になる」と述べています。

私たちも同感です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments