木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【衝撃告発】Googleがアンチトラスト闘争でさらなる金銭を要求?裁判所への提出書類に明記

【衝撃告発】Googleがアンチトラスト闘争でさらなる金銭を要求?裁判所への提出書類に明記

Googleは、Epic GamesとMatch Groupとの独占禁止法の戦いにおいて、新たな動議を裁判所に提出しました。この中で、Googleはデートアプリ開発者であるMatch Groupがエスクローに予備に設定していた4,000万ドルを超える追加料金を支払うべきだと主張しています。これらの資金は、MatchがGoogle Playでのアプリ内支払いの一部としてGoogleへの手数料を支払うものであり、「連邦および州の法律に違反している」とMatchが主張しているものです。この件については裁判の結果で決定されることになります。Googleの計算によれば、新たな金額はMatchの公開された収益に基づいておおよそ8400万ドルになるとされています。

該当の提出書類の一部は以下の通りです。

「GoogleとMatchは2022年5月にこの訴訟に関して一時的な差止命令を出したストリップレーションに合意しました。Dkt. 21, No. 3:22-cv-02746-JD. その合意により、MatchはGoogleの支払いポリシーに違反していないにもかかわらずGoogle Playを通じてアプリを配信し続けることができ、その一環としてMatchは4,000万ドルをエスクローに支払うこととされました。これらの支払いは終了しましたが、MatchがGoogleに対して支払うべきサービス料金はそれを大幅に上回っています。Match Group株主への手紙、2022年第1四半期、9ページ、10ページ、https://s22.q4cdn.com/279430125/files/doc_financials/2022/q1/Earnings-Letter-Q1-2022-vF.pdf(Googleの支払いシステムの要件による負の経済的影響を述べている)。Googleは、自身が請求されている金額の全額を回収するために、反訴を試みる予定です」

エスクローアカウントはGoogleが行った一連の譲歩の一つであり、MatchがGoogleを訴え、モバイルアプリマーケットプレイスでの不公正な独占力を行使していると非難した暫定差し止め命令を取り下げさせるために行われました。Googleはまた、Tinder、Hinge、OkCupidなどMatchが所有するデートアプリが代替の支払いオプションを提供することにより、これらをGoogle Playストアから拒否したり削除したりしないことを約束しました。

この合意の一環として、MatchはGoogle Playの支払いシステム外で行われるアプリ内支払いに対して直接にはGoogleに支払いをする代わりに、エスクローアカウントに最大4,000万ドルを預けることとされました。これは、裁判所によるGoogleがアプリ開発者からのアプリ内購入手数料を請求することが適法であるかどうかを判断するまでの間です。

しかし、新たな提出書類では、Googleは4,000万ドルでは不足であると主張しています。Matchの公開された収益を引用し、Matchの2022年第2四半期の株主への手紙に注目しています。手紙には、「私たちの第2四半期の調整後営業利益の見通しには、6,000万ドルのマイナスの影響が含まれていますが、6月1日から始まるGoogleのポリシー変更の実際の影響を見る必要があります」と記載されています。

Googleは、この6,000万ドルがMatchが支払うべき手数料であり、訴訟によって支払いが中断されていると主張しています。この金額に基づいて、Googleは過去14か月間における月間の手数料が6,000万ドルであり、合計で8,400万ドルになると推計しています。これはエスクローに保持されている4,000万ドルを超えているため、Googleは反訴においてより高い金額の回収を計画しています。

Matchはコメントを控えました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments