木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【驚きの変更!】X(旧Twitter)が広告収益共有プログラムの要件を引き下げ

【驚きの変更!】X(旧Twitter)が広告収益共有プログラムの要件を引き下げ

>Elon Musk氏の所有するソーシャルネットワーク「X」(以前の名称はTwitter)は、そのクリエイター報酬プログラムの要件を引き下げるという発表をした。同社は、過去3ヶ月間に500万回以上のインプレッションを獲得したクリエイターが広告収益の分配の対象となると述べた。これは以前の要件である1,500万回のインプレッションの3分の1に相当する。

同社は、最低支払額を50ドルから10ドルに引き下げると述べた。また、支払の対象となるためには、ユーザーは認証を受けており、少なくとも500人のフォロワーを持っている必要がある。

この発表の直後、Musk氏は、認証されたアカウントからのみのインプレッションが広告収益の分配の対象となるという条件を追加した。「それ以外の場合、詐欺師たちはボットを使用して無限にビューをスパムするだろう」と彼は警告している。

現在、Xはユーザーが自分の投稿の「確認済みビュー」をチェックする方法を提供していない。「確認済みのユーザーからのビューまたはインプレッションがいくつあったかをクリエイターがどのように確認できるのかは不明である」と述べている。

同社は7月に一部の対象のクリエイターに報酬支払いを開始し、月末にはグローバルなクリエイターにもプログラムをオープンにした。Musk氏は6月に、「最初のクリエイターへの報酬の支払いは、約500万ドルになるだろう」と述べている。

Xは先週、サインアップの急増により、7月31日の予定されていた支払いが遅れたと発表した。

今週初め、Xは広告主が「リラックス」「標準」「保守的」といった感度設定を選択できるようにする新しい設定を発表した。これらのレベルは、広告と隣接するコンテンツの種類を決定するものである。これは、ソーシャルメディア企業が1月に開始した、広告が不適切なコンテンツの周りに配置されているかどうかをマーケターに伝えるためのIntegral Ad Science(IAS)とのパートナーシップの拡大である。

木曜日には、XのCEOであるLinda Yaccarino氏がSpacesの会話で、「会社はほぼ黒字に近づいている」と述べた。彼女は、会社の執行役員に就任した後の最初のインタビューで、「Xは、ユーザー同士がビデオ通話できる機能に取り組んでいる」とも明らかにしている。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments