火曜日, 2月 27, 2024
ホームアプリ【乗り物会社の新たな逆襲!】LyftがUberを真似て広告ビジネスに参入

【乗り物会社の新たな逆襲!】LyftがUberを真似て広告ビジネスに参入

乗車シェアリングの巨大企業、Lyftは、アプリ内、車内タブレット、看板広告、および自転車シェアリングステーションで広告を表示することを開始します。

「Lyftは、自社の広告メディア製品スイートを通じて、乗客にタイムリーかつ個別化された方法で広告を提供することができます。乗車の待ち時間、ドライバーとのマッチング、乗車中において、広告はライダーに届くようになりました」と、Lyftのチーフビジネスオフィサーであるザッハ・グリーンバーガーは声明で述べました。

あなたが考えていることはわかっています。広告が増えるということに感謝していますね!さらに良いことに、あなたの位置と行き先を正確に把握したアプリを介した広告です!映画館がある友人の近くで降ろされる予定ですか?ETAを確認する際、その映画館で上映されている作品の広告を見るかもしれません。

Lyftが広告に参入することに驚く必要はありません。Uberは2022年10月に自社の広告ユニットを立ち上げ、その収益は今年6億5000万ドルに達すると予想しています。モビリティ、配送、輸送によってUberがQ2に得た80億ドルと比較して、6500万ドルはつまらない金額です。しかし、成長の余地はあり、Lyftは明らかに少ない資産投資で収益を増やすチャンスを見いだしています。

Lyftの株価は、同社が2023年第2四半期の収益を発表して以来、6%下落しました。同社はウォールストリートのアナリストの収益予測に適合し、年間の安定した成長と利用者数の増加を予想しています。しかし、アクティブライダーあたりの収益は減少し、競争力を持たせるために運賃を削減しました。

過去1年間、Lyftは、コアの乗車シェアリング事業に集中するためにベルトを締め直してきました。これには、社内の車のレンタルサービスを終了することや、共有マイクロモビリティ部門の売却を検討することも含まれます。これらの部門は明らかに資産を持つモデルではありません。広告は、負債金を抑える収益源の一つとなる可能性があります。

Lyftによると、アプリ内の広告はライダーのETA画面、ドライバーとマッチングした時、およびトリップ中に表示されます。広告は車内のタブレットでも再生され、ドライバーは「広告収益と高いチップによる収入向上」を要求することができます。

LyftはTechCrunchに対して、広告収益の何パーセントがドライバーに渡るのか、ドライバーがタブレットの費用を負担する必要があるのか、タブレットの費用がいくらか、後部座席にタブレットがあるとチップが増えるのかを説明するために、時間内に回答しませんでした。Lyftによれば、週に少なくとも60回乗客を乗せ、車にタブレットが装備されたドライバーは平均10%以上のチップ増加ができます。

同社の現在の広告パートナーには、Bilt Rewards、Audible、Universal Picturesが含まれます。LyftはKantar Brand Lift Insightsと提携し、認知度、購買意欲、ブランド関連性などの指標を理解するための支援を行います。同社はまた、Roktの広告配信技術とプログラマティックソリューションを組み込む予定です。

Lyftによれば、ローンチ時点では、ブランドはアプリ内で全国的に広告を展開することができ、12の市場の車内タブレット、5つの市場の車のデジタルスクリーン、および4つの市場の自転車シェアリングで広告を再生することができます。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments