木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【ショート動画が変わる!】YouTubeがスパム対策のためにリンク無効化を実施

【ショート動画が変わる!】YouTubeがスパム対策のためにリンク無効化を実施

>YouTube Shortsは、ショートフォームビデオプラットフォームでのスパムに関する問題に対処するために変更を行います。同社は、8月31日から、Shortsのコメントセクション、Shortsの説明、および垂直ライブフィードに表示されるリンクがクリックできなくなると発表しました。この新しいポリシーは、スキャムやスパムによるユーザーの誘導を難しくする予防策となっています。

同社は、スパムのリンクがユーザーを危険なコンテンツ(マルウェア、フィッシング、その他の詐欺など)に誘導する可能性があるため、変更が必要であったと述べています。

既にスパムのリンクを検出および削除するためのシステムとポリシーを持っているYouTubeにおいて、この対策はかなり極端です。しかし、この技術に頼らずに、これらのリンクを完全に無効にする方針となっています。変更は段階的に導入されるため、8月31日時点ではすべてのリンクが無効になるわけではありません。

さらに、同社はデスクトップのチャンネルバナーからクリック可能なソーシャルメディアアイコンを削除します。これらのアイコンも誤解を招くリンクを使ってユーザーを騙すために使用されていました。

ただし、正当なクリエーターには、時にリンクを使用する必要があります。特に、製品やブランドをフォロワーに推奨することでコンテンツを収益化する場合には、リンクの利用があります。それに対応するため、YouTubeはこれらのユーザーが安全にリンクを含めるための新しい方法を導入すると述べています。

2023年8月23日から、モバイルとデスクトップのYouTubeビューアーは、クリエーターのチャンネルプロフィールの隣にある「注目すべき」クリック可能なリンクを表示するようになります。クリエーターは、このスペースを使用してウェブサイトへのリンク、他のソーシャルプロフィールへのリンク、商品サイトへのリンクなどを追加できます。ただし、これらのリンクはYouTubeのコミュニティガイドラインに準拠している必要があります。

また、長編ビデオへの参照としてリンクを使用することが好きなShortsクリエーターは、近い将来、それを行うことができます。YouTubeは、9月末までに新しい安全な方法を導入すると述べており、これによりShortsから他のYouTubeコンテンツに視聴者を誘導することができます。

これらの変更は、YouTubeがプラットフォーム全体でスパムを削減するために実施した他の対策に続いています。これには、なりすましチャンネルを検出するシステムの改善も含まれています。YouTubeによれば、2022年第1四半期から2023年第1四半期までに、なりすましに関連する削除および終了処分は35%以上増加しています。

さらに、クリエーターが任意のレビューに対して潜在的にスパムの多いコメントを検出および保持する機能も改善されており、変更が適用された6月の初週と5月の初週を比較すると、レビュー待ちのコメントが200%増加しました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments