火曜日, 2月 27, 2024
ホームアプリ【ディズニー衝撃発表!】更なる値上げは止まらず、広告付きプランがさらに国々に展開へ

【ディズニー衝撃発表!】更なる値上げは止まらず、広告付きプランがさらに国々に展開へ

ディズニーは、購読者数の減少に対応して、オンラインストリーミングサービスの価格を全体的に引き上げています。この価格引き上げは、ディズニープラスやハルーなどの提供を含む異なるオファーの購読料を昨年10月に引き上げて以来、12ヶ月で2回目の値上げとなります。

以下は、ディズニーの新しい価格引き上げの便利なリストです。

– ディズニープラス(広告なし):毎月10.99ドルから13.99ドル
– ハルー(広告なし):毎月14.99ドルから17.99ドル
– ESPN+(広告あり):毎月9.99ドルから10.99ドル
– ディズニープラス、ハルー、およびESPN+(全て広告付き):毎月12.99ドルから14.99ドル
– ディズニープラス(広告なし)、ハルー(広告なし)、およびESPN+(広告あり):毎月19.99ドルから24.99ドル

また、ディズニーは新たにディズニープラスとハルーの広告なしバンドルを毎月19.99ドルで導入します。両サービスの広告付きプランは月額7.99ドルのままです。ディズニーは、新しい料金が10月12日から適用されると述べています。

ディズニープラスのアメリカとカナダの国内購読者数は、過去3ヶ月間で46.3万人から46.0万人に減少しました。特に目立った購読者の減少は、Disney+Hotstarが有料ユーザー数52.9万人から40.4万人に減少したインドで起きました。これは主に、同社がインドプレミアリーグ(IPL)クリケット大会のストリーミングのデジタル権利を失ったためです。リランス傘下のJioCinemaは無料でIPLをストリーミングし、さらに多くのユーザーを引き付けるための戦略としました。ホットスターは、10月から始まるワンデイ・クリケット・ワールドカップに対しても同様の動きを発表しました。

昨年、ディズニーCEOであるボブ・アイガーは、Hotstarの購読者数の減少にはあまり注目しないよう投資家に求めました。これは、インドのサービスがコアのディズニープラスサービスよりもユーザーあたりの収益が低いため、「当社の全体的なD2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)の財務結果の重要な要素ではないからです」と述べました。

アイガーはまた、ディズニーはカナダやヨーロッパなどのさらなる国で広告付きサービスを拡大していると述べました。昨年12月、同社は米国での広告を含むサービスを開始し、ネットフリックスの類似オファーに対抗しました。

彼は決算会議の中で、「喜ばしいことに、広告付きのディズニープラスサブスクリプションが11月1日からカナダとヨーロッパの一部の市場で利用可能となり、広告なしのディズニープラスとハルーサービスが米国で利用可能となる予定です」と述べました。

ディズニーは昨日、Penn Entertainmentと20億ドルの契約を結び、スポーツブックをESPN Betに改名すると発表しました。また、アイガーはデジタル配信と技術パートナーを探して、ESPNを直接消費者に提供する計画も進めていると述べました。

「ESPNのフラッグシップチャンネルを直接消費者向けにすることは、いつするかの問題ではなく、いかにするかの問題です。チームは、価格やタイミングを含め、この決定のすべての要素を検討するため、一生懸命取り組んでいます。ケーブルテレビの解約が進んでいる中でも、ESPNのメインの線形チャンネルの視聴率は依然として増加していることは注目すべきです」と彼は述べました。

ディズニーの収益は、前年比4%増の223.3億ドルでした。ただし、6月に終了する四半期の売上高はウォール街の予測である225.3億ドルに届かなかった。

ディズニーは、サービスの価格を引き上げる一方で、新たなバンドルや広告展開を通じて収益向上に取り組んでいることが分かります。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments