日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【驚きの美術体験!】Googleが新デザインのアート&カルチャーアプリをリリース!AI生成のポストカードがプレイタブで活躍

【驚きの美術体験!】Googleが新デザインのアート&カルチャーアプリをリリース!AI生成のポストカードがプレイタブで活躍

Googleは本日、Android向けに再設計されたArts & Cultureアプリのローンチを発表しました。iOS版も近日中にローンチされる予定です。再設計されたアプリには、新たなAI生成のポストカード機能、新しいPlayタブ、TikTokに似た「Inspire」フィードなどが含まれています。

特に注目すべきは、アプリに「Poem Postcards」機能が追加されたことです。この新機能では、ユーザーはアートワークを選択し、Sonnet、Haiku、Limerickなどから選んで、GoogleのPaLM 2 Modelを使用してアートに触発されたAI生成の詩を作成することができます。作成した詩はデジタルポストカードとして友達と共有することができます。この機能は現在、一部の国で利用可能です。

機能にアクセスするには、Google Arts & Cultureでお気に入りのアートワークを見つけ、「Poem Postcards」ボタンをクリックして詩を生成し、共有することができます。

さらに、アプリには新しい「Play」タブも追加されており、ユーザーは「Art Selfie」や「Art Filter」などのカメラツール、そして「Blob Opera」や最近ローンチされた「Viola the Bird」などのゲームを楽しむことができます。Googleの新しいPoem Postcards機能もPlayタブで利用可能です。

さらに、ユーザーはTikTokに似た「Inspire」フィードをスワイプすることで、常に変わり続ける個別の文化のハイライトを楽しむことができます。Googleによれば、ユーザーは文化的な話題全体で、工芸品、文化的なストーリー、イベントなどに触発されることができます。TikTokのように、気に入ったコンテンツにはお気に入りを付けることができます。

ユーザーは新しい「文化のフライホイール」によって文化的なつながりを発見することもできます。これにより、さまざまな関連する文化コンテンツが提示され、探求を続けることができます。

「例えば、Vermeerの「真珠の耳飾りの少女」で旅を始め、フライホイールが他の地域や時代における宝飾品の描写など、異文化のつながりを明らかにします」とGoogleはブログ記事で述べています。「私たちは常に文化コンテンツをつなげる新しい方法を探求しており、この機能は時間とともに進化し続けるでしょう」とも述べています。

最後に、再設計されたアプリは、芸術、食べ物、ファッション、クラフト、科学などの文化的な話題を探索しやすくしました。ユーザーはアーティファクト、文化的なストーリー、パートナーコレクションなどをブラウズし、場所、トピック、クリエイターで探索を絞り込むことができます。

Googleは、これらの新しい変更により、アプリをよりアクセスしやすく直感的に探索できるようにし、ユーザーが文化との出会いを新たな方法で見つけ、関わることができるようにしたと述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments