金曜日, 2月 23, 2024
ホームアプリ【次なる革命!】Duolingoが音楽学習アプリ開発を手掛ける?!

【次なる革命!】Duolingoが音楽学習アプリ開発を手掛ける?!

Duolingoの次の大きなアプリ「Duolingo Music」に取り組む作業は、新たな発見によると順調に進んでいます。最近の開発の努力から判断すると、音楽教育技術企業は、看板の言語学習アプリ以外の製品ラインアップを再度拡大するために、ピアノ、ドラム、楽譜のレッスンに焦点を当てる予定です。

新たな開発作業は、iOSの開発者で逆エンジニアのSteve Moserさんによって「発見」されました。彼は、Duolingoのモバイルアプリに隠された画像やコードの中に、ピアノの鍵盤やドラムの画像、そして「Duolingo Music」のブランディングなどが含まれていることを見つけました。また、音楽セッション、曲、音楽ユニットの復習などを参照するコードの一部も発見されました。

この発見は、Duolingoが2023年3月に学習科学者の仕事の募集を行い、それによると「学習科学に関連する理論的知識と実践的な教育経験を兼ね備えた音楽教育の専門家」を求めると説明していたことに関連しています。さらに、フリーランスの音楽作曲・カリキュラムコンサルタントを募集していたことも、TechCrunchが以前報じていました。

これらの募集は、Duolingoが人気のある曲を使って音楽理論の概念を教える音楽アプリの開発に取り組むことを示唆した最初のものでした。しかし、当時、Duolingoは公式に計画を確認していませんでした。

既存のアプリの中に音楽に関する新たな言及が見つかったことについてコメントを求めたところ、Duolingoの広報担当者は「Duolingoは常に新機能を試しています。現時点では詳細を共有することはありません」としか回答しませんでした。

しかし、彼らはTechCrunchに対して、10月11日に開催される同社のDuoconイベントでさらなる発表やニュースがあることを思い出させました。Duolingoはイベントまで音楽アプリに関する計画の確認を控えている可能性があります。

なお、言語学習以外への拡大は、Duolingoにとって初めてではありません。同社は、Covid-19パンデミック中に子供向けの無料英語リテラシーアプリ「Duolingo ABC」をローンチしました。また、昨年10月には言語学習以外の最初の分野拡大となる「Duolingo Math」も公開されました。しかし、音楽学習は異なるアプローチを必要とするため、新しいアプリの動作がどのようになるか興味深いです。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments