火曜日, 2月 27, 2024
ホームアプリ【乗り物代が劇的に変わる?!】Lyftがサージ価格を撲滅する大胆な計画

【乗り物代が劇的に変わる?!】Lyftがサージ価格を撲滅する大胆な計画

>Lyftは、もっと乗客を確保するために運賃を値下げしており、それがうまくいっている。しかし、その成功は(文字通りの)コストを伴っています。

ライドヘイル会社は、2023年第2四半期の収益報告において、乗客数の増加と乗客あたりの収益減少を報告しました。この差異は、CEOのDavid Risherによると、同社が「市場に合わせた価格設定」を行ったためです。

Lyftの乗客あたりの収益は、四半期ごとにほぼ5%減少しましたが、第2四半期のアクティブな乗客数は、第1四半期の19,552人から21,487人に増加しました。

Lyftは、Uberと価格競争を繰り広げるだけでなく、サージプライシング(または同社が「プライムタイム」と呼んでいるもの)の廃止にも取り組んでいるようです。

火曜日の収益電話会議でRisher氏は、サージプライシングがピークサービス時にドライバーを増やす刺激となるかもしれないが、通勤後の帰宅に高額な料金を支払いたくない乗客にとって需要抑制の要因にもなると述べました。

Risher氏は「[プライムタイムの価格設定] は、価格上昇の悪い形態です」と述べ、「ライダーがそれを熱狂的に嫌うため、本当に廃止しようとしており、ドライバー供給力が非常に良好なため…大幅に減少しています」と語りました。

Lyftのドライバー供給力は3年ぶりの最高水準に達しており(前年比20%以上増加)、アクティブドライバーの平均勤務時間も2019年の水準を上回る新記録に達していると、Lyftの広報担当者は述べています。

Risher氏によれば、これによりサージプライシングの影響を受ける乗車割合は第1四半期から35%減少しました。

「それは収益に影響を及ぼします — 実際には収益が減少しています」と、この役員は述べています。「しかし、これはライダーや市場全体の結果にとっては良いことです。」

少なくとも短期的には、サージプライシングをやめることは、ライドヘイル企業の「兄貴分」であるUberとの競争において差別化要因となるかもしれません。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments