金曜日, 2月 23, 2024
ホームガジェット【革命的な予算範囲内の技術!】Nothingがイヤーバッズとスマートウォッチを発売!

【革命的な予算範囲内の技術!】Nothingがイヤーバッズとスマートウォッチを発売!

>常に予算デバイスをリリースするという提案を何度となく切り捨ててきたNothing。このロンドン拠点のハードウェアスタートアップは、ライフスタイル、さらにはファッションとしてのブランドとして位置づけることを好む。その中心にあるのはデザインだ。これまでにないアプローチで、限定版の実店舗での商品販売を展開している企業だからだ。

もちろん、価格は常にNothingの魅力の一部となっている。その最初の製品、$99のEar(1)もそうだし、最新のPhone(2)も同様だ。確かに、$599は予算の電話機とは言えないかもしれないが、現在の多くの有名なフラッグシップモデルと比べればかなり安い。

最新のコミュニティー四半期更新の中で、NothingはCMF by Nothingの発売を発表した。これは予算に敏感な製品ラインだ。創業者カール・ペーイはこのブランドを、「より多くの消費者に優れたデザインを手に入れる機会を提供する新しい製品群」と位置づけている。

ペーイはビデオの中で次のように述べている。「私たちは、優れたデザインをより民主的に、より多くの人々にもたらすことができると信じています。現在、テクノロジー部門のバリューセグメントを見ると、なかなかワクワクするものはありません。良質な製品は虚偽の約束のように感じられます。私たちは非常にデザイン指向の組織なので、NothingとCMF by Nothingの両方で同じ高品質なデザインが見られるでしょう。また、私たちはユーザーエクスペリエンスを重視する会社でもあります。なので、製品は見た目だけでなく、使い勝手も抜群になるようにしたいのです」と。

Nothingの製品ラインは「最上位のコンポーネントと最高のパフォーマンスに注力します。また、最新のテクノロジーも搭載します」とペーイは付け加えています。一方でCMFは、「清潔で時代を超越したデザイン」を重視し、「過度な価格ではない」ということに焦点を当てます。

このブランドは、Nothingの広範な傘下で独自のチームを運営します。同社は6月末に9600万ドルの資金調達ラウンドを発表し、そのお金は人員拡大や独自の研究開発チームの開発に使われる可能性があります。CMFの最初の製品であるイヤホンとスマートウォッチは今年後半に登場予定です。もちろん、Nothingはこれまでにも複数のイヤホンを発売してきましたが、新ブランドでの初のスマートウォッチが登場するかどうかは興味深いところです。

この動きは、ペーイの前の会社であるOnePlusが展開した予算向け製品ライン「Nord」を連想させます。低価格のデバイスによって、OnePlusはより広範な消費者層にアピールし、参入のハードルが低いさまざまな市場をターゲットにすることができました。それでは、CMF by NothingはNordさせるのでしょうか? この会社は、今年後半に詳細を発表すると約束しています。

今回のニュースは、最近Nothing Phone (2)のデビューに続いています。このスマートフォンメーカーはQualcommのフラッグシップチップであるSnapdragon 8シリーズに取り組んでいますが、最新バージョンではありません。もしかすると、この会社が低価格デバイスに独立したチームを充てることで、主力ラインにさらに高性能なコンポーネントを取り入れることに焦点を当てるかもしれません。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments