木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【一歩先を行く音楽体験!】Spotify CEOが語るAIパワーの新機能とは?

【一歩先を行く音楽体験!】Spotify CEOが語るAIパワーの新機能とは?

Spotifyの第二四半期決算報告通話中、CEOのDaniel EkはAI技術を活用した追加機能の導入についていくつかの提案をしました。Ek氏は、AIが個人の体験をより個別化し、ポッドキャストを要約し、広告を生成するために使用される可能性があることに触れました。

今年早々、同社はDJ機能を発表し、AIによるコメント付きのカスタムされた音楽を提供しています。Ek氏によれば、将来的にもストリーミングサービス全体でコンテンツをコンテクスト化し、個別化するAI技術を期待できるとのことです。

「DJは素晴らしい製品です」とEk氏は通話中に述べました。「これは過去数年間で開発した製品の中で私の個人的なお気に入りの一つです。また、消費者との相互作用も非常に強いものとなっています。これは、Spotifyプラットフォーム上で提供される素晴らしいコンテンツを全てコンテクスト化し、個別化する能力について話しています。したがって、将来的にはプラットフォーム全体でコンテンツをよりアクセスしやすくするために、これに類似したAI技術の導入がさらに増えると思われます」。

SpotifyがAI技術を利用する方法の一つとして考えているのは、AIを活用してポッドキャストの要約を行うことです。新しいポッドキャストに入り込むのはやや難しいため、要約することで消費者に新しいポッドキャストの商品化を容易にし、それによってクリエイターのエンゲージメントと成長を高めることができるとEk氏は述べています。

Ek氏によれば、AI技術がSpotifyをより効率的にするもう一つの方法は、AIによって生成されたオーディオ広告の活用です。

「AIの生成技術と当社のツールを使用することで、広告主が新しい広告フォーマットを開発する際のコストを大幅に削減できるようになると思います」とEk氏は述べています。「これによって、広告主としては1つの広告ではなく、テキストでは容易に実現できるがビデオやオーディオではまだ実現できていない数千の広告を、Spotifyのネットワーク全体でテストすることができるようになるでしょう」。

Ek氏のコメントは、SpotifyがAIパワーの「テキストから音声合成」システムの特許を取得しようとしている時期と重なっています。この特許は7月20日に公開され、2月に申請されました。この技術はテキストを取り込み、感情や意図を取り入れた人間らしい音声に変換することができます。このシステムは怒り、幸福、悲しみなどの感情、さらには皮肉などの意図を伝えることができます。また、ささやき声や叫び声、アクセントでの発話も可能です。

この特許は、Spotifyが単に曲の間にAIによるいくつかの文章を話す「DJ機能」を超えることを示しています。音声合成システムは、自然な音声でオーディオブックのナレーションなどにAIを活用することができる可能性があります。なお、今年初めにはAppleもAIによるオーディオナレーションをApple Booksの一部のタイトルに導入しました。

特許出願とEk氏のコメントは、SpotifyがAI音声技術への投資を行っていることを示しています。昨年、同社はロンドンのスタートアップであるSonanticを買収し、テキストから現実的な人の声を生成するAIエンジンを手に入れました。Spotifyはこの買収をAI DJ機能に活用しています。

Spotifyの第二四半期決算によれば、現在世界中で220万人のユーザーがSpotifyの購読サービスを利用しており、その数は前年比17%増加しています。また、Spotifyの月間アクティブユーザー数は5億5100万人に達しています。最新四半期の売上は32億ユーロ(現在の為替レートで35億ドル)で、前年比11%増加しています。しかし、Spotifyは運営損失として2億4700万ユーロ(2740万ドル)を報告しています。

また、Spotifyは昨日、プレミアムプランの価格改定を発表しました。米国では、個別プランの価格が9.99ドルから10.99ドルに引き上げられます。デュオプランは12.99ドルから14.99ドル、ファミリープランは15.99ドルから16.99ドルに設定されます。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments