月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームガジェット【革命的なレーザーカッターテクノロジー!】Glowforge Auraが登場、驚きの性能に注目!

【革命的なレーザーカッターテクノロジー!】Glowforge Auraが登場、驚きの性能に注目!

>Laser cuttersは新しいものではありませんが、Glowforgeはこのカテゴリーに欠けていたものを追加することが得意です。Glowforgeは、その長い歴史において、使いやすさを大幅に向上させることに成功してきました。本日、同社はAuraを発表しました。このデバイスは、兄弟モデルよりも小型で、より安価であり、さらに使いやすくなっています。Auraは、教育、クラフト、軽量試作に最適なデバイスです。

Glowforge Auraは$1,199の価格で、木材、レザー、アクリル、紙、石、金属などを切削することができます。Glowforgeは、マシンに特に選ばれた素材を提供することで、使いやすさをさらに強調しています。内蔵カメラはQRコードを読み取り、カット、スコア(マーキングであるが、完全に切り抜かれない)および彫刻のための正しい設定を自動的に選択します。もちろん、Glowforgeが提供する素材に限定されるわけではありませんし、マシンの内蔵設定を自分のクラフトプロジェクトの出発点として使用することもできます。

Auraは窓から換気されるか、またはエアフィルターと組み合わせて室内で使用することができます。エアフィルターはAuraと自動的に連携し、デバイスが稼働しているときは煙と有害物質を排出します。少なくとも理論上はそうです。実際には、エアフィルターが作動しない場合、私は何度か自宅に煙を充満させてしまいました。

カスタマーサポートチームとのやりとりの後、彼らは新しいエアフィルターを送ってくれました。それは比較的順調に機能するようになりましたが、一部のカットの際には作動しないこともありました。理想的とは言えませんが、チームはソフトウェアのアップデートによってエアフィルターの機能をより一貫性のあるものにすると確信しています。この問題は、「誰にでも使いやすい」「ただ動作する」という「無敵の」システムにはデメリットもあることを示しています。何か問題が発生した場合、私は煙を排出するためにエアフィルターを手動で作動させる方法を見つけることができませんでした。

更新:この記事が公開される直前に、GlowforgeのCEOであるDan Shapiroからメールを受け取りました。彼は私がフィードバックを受け入れ、エアフィルターを手動で作動させる方法を実装したと伝えています。

Shapiroは私にメールで次のように書きました。「私たちはあなたの提案を実施しました:プリンターが接続されていない場合、ボタンがテールになり、オフ、中程度、およびフルパワーの切り替えスイッチとして使用することができます。将来誰かが同じ状況になった場合のバックアップとして機能するでしょう。このアップデートはすでに行われており、すべての新しいユーザーに提供されるようになっています。」

先述の内蔵カメラにより、このマシンの使い方はほぼ間違いありません。Webベースの制御ソフトウェアにより、カット予定の位置を正確に確認し、材料を適切に配置することができます。ソフトウェアでは、カットのタイプと順序を選択することができます。私の経験では、複雑なデザインの内部部分を彫刻し、その後でプリントの輪郭を切ることが最適な方法でした。

問題は、カメラの正確さが十分ではないということです。私は後ほど携帯ケースを彫刻しようと試みた際にそれについて触れますが、Glowforgeの公式Proofgrade素材を使用していても、一部の問題があります。下記の写真では、切り取ろうとしたウサギがギリギリに沿っているとソフトウェアが判断していますが、実際には足先がはみ出してしまっています。そのため、一部を再印刷する必要があり、材料が無駄になってしまいました。

長年にわたり、さまざまなレーザーカッターをたくさん使ってきましたが、それらのほとんどは共通の点を持っています。それは、非常に強力ですが、使用が非常に難しいということです。一部のカッターは手動で焦点を合わせる必要がありますし、他のカッターは新しい素材を使用するたびに試行錯誤しなければなりません。Auraにはこれらの問題がありません。

GlowforgeのAuraは、ビニールカッターに対するCricutのようなものです。より産業用のマシンに慣れているプロのユーザーは失望するかもしれません。Auraは柔軟性に限りがあり、彼らが慣れているような多くの用途には使用できません。全体として、Auraはクラフト向けのデバイスに期待される利点と欠点を持っています。材料の厚さには制限がありますので、1インチ厚のアイテムをレーザー彫刻したい場合、残念ながら無理でしょう。

また、Glowforgeに理論上は収まるはずの材料にも問題がありました。例えば、携帯ケースをレーザー彫刻しようとしましたが、最初の数回の試みではレーザーがケースの側面から外れてしまいました。試行錯誤を重ねた結果、期待通りの設定と校正をすることができました。しかし、Auraのターゲットユーザーの一部が学生やクリエイターであると考えると、携帯ケースは非常に明らかな選択肢の一つです。

プロの一面では、Auraにはプロのレーザーカッターにある「外見の印刷」機能がないことが不満です。これにより、レーザーがプリントエリアの外側を低出力で通過します。材料には印を付けませんが、適切に配置されているかどうかがわかります。また、レーザーを手動で焦点を合わせる方法が

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments