月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームガジェット【大手企業の意外な買収劇!】ロジクールが編集コンソールメーカーLoupedeckを買収

【大手企業の意外な買収劇!】ロジクールが編集コンソールメーカーLoupedeckを買収

ある日、競合他社のCorsairがメカニカルキーボードメーカーのDropを買収したと発表した翌日、Logitechが自社の大型買収を明らかにしました。このアクセサリーの大手は、クリエイティブプロ向けコンソールのヘルシンキ拠点のメーカーであるLoupedeckを買収しました。取引の詳細は明かされていませんが、この契約はLogitechがクリエイティブプロに対するアピールを拡大しようとする中で行われました。

LoupedeckはStream Deckの競合製品の中で特に注目されています。Elgatoブランドを2018年に買収したCorsairポートフォリオの一部となっています。

“ストリーマー、クリエイター、ゲーマーを力づけることは、LoupedeckとLogitechの共通の情熱です。一緒に、彼らが制限なく作成、編集、配信できるよう、すべての障壁を取り除くことに集中しています”、LogitechのGM、Ujesh Desaiは声明で述べました。”この買収により、Logitechの現在の製品ポートフォリオが拡充され、キーボード、マウスなどがよりスマートで文脈を理解したものになり、Logitech全体の視聴者のためにより良い体験を作り出すことができるようになります”。

Logitech Gは同社のゲーミングポートフォリオです。この傘下にはYetiなどのマイクも含まれ、これらは2018年に買収したBlueが以前製造していました。ハードウェアについては、Blueのブランドは最近Logitechブランドに統一されましたが、同様の運命がLoupedeckの名前にも待っているようです。ただし、同社は”The Verge”に対して、「Loupedeckは当面通常通りに運営される」と述べています。これについては自分で判断してください。

Loupedeckは2016年に元Nokia/Microsoftの従業員(つまりヘルシンキ)によって設立されました。同社は同じ年にAdobe Lightroomの編集コンソール用の成功したIndiegogoキャンペーンを開始し、初期目標の約5倍の41,100ドルを集めました。同社は現在、価格が189ドルから559ドルまでの4つの高級編集コンソールを製造しています。

この製品ラインは、2019年にストリーミングソフトウェア開発者のStreamlabsを買収したLogitechにとって、素晴らしい組み合わせとなる可能性があります。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments