日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【Twitterが大変身!】長文&多様なメディアの記事に対応へ!イーロン・マスクが確認

【Twitterが大変身!】長文&多様なメディアの記事に対応へ!イーロン・マスクが確認

>Twitter Notes、プラットフォーム上で長文コンテンツを発表できるようにするという機能が、火曜日にTwitterオーナーのイーロン・マスクからの投稿によると、再び進行中のようです。マスク氏は、Twitter Notesプロジェクトが最近「Articles」と改名されたことを主張するユーザーのツイートに対し、同社の計画を確認しました。

同社は、マスク氏がTwitterを買収する前の2022年6月にTwitter Notesを初めて発表し、アメリカ、カナダ、ガーナ、イギリスの一部の作家を対象に実験を行いました。これらの作家は、Twitter上に新しい「書く」タブにアクセスし、すべてのノートを書いたりアクセスしたりすることができました。彼らのTwitterプロフィールには、ノートタブもあり、フォロワーや他のTwitterユーザーがすべての長文コンテンツを一か所で閲覧できました。

会社は当時、Twitter Notesが豊富な書式設定やアップロードされたメディアをサポートしていると説明しました。これには、写真、動画、GIF、さらにはツイートの埋め込みなども含まれていました。作家は、書いたノートをツイートしてフォロワーと共有することができました。フォロワーはそれをリツイートしたり、DMで共有したり、ブックマークしたり、いいねしたりすることができました。

しかし、Twitter Notesの状況は不明でした。マスク氏がソーシャルネットワークを440億ドルで買収して以来、プロジェクトについてほとんど聞かれていませんでした。例えば、Platformerによると、2022年11月にはNotesは無期限の「一時停止」が断行されたと報じられていました。さらに、マスク氏は他の読み書き関連のTwitterプロジェクトも廃止しており、2022年11月には有料の記事や、2022年12月にはニュースレタープラットフォームRevueも終了させました。

今回、Notesが復活するようです。火曜日に、Twitterユーザーである@FaustoChou氏がツイートで、NotesがArticlesに名前が変更されたことを報告し、Twitterの開発の努力の再開を示しているようです。彼のスクリーンショットには、以前とほとんど同じように見えるNotesのインターフェースや、Twitter Coinsといった他の発表前の機能も表示されています。

それに対し、マスク氏はそのツイートに返信し、Twitterの計画を確認しました。

「これにより、ユーザーは非常に長文かつ複雑な記事を含むコンテンツを投稿できます。本を公開することも可能です」とマスク氏は書きました。

Twitterオーナーは、NotesまたはあるいはもはやArticlesとして知られている同社の計画について、アクセスが可能になる時期や公開時期などの詳細を共有していません。この発表のタイミングは、Instagram Threadsなどの競合に対抗するため、クリエイターの維持に取り組んでいる会社にとって重要なものです。会社はクリエイターに広告収益の一部を支払う取り組みも行っており、報酬が4桁または5桁のクリエイターもいます。

長文コンテンツは、ブログやニュースレター(Substackなど)に投稿される記事の配信範囲を広げることで、他のクリエイター(ライター)を引き留めるのに役立つかもしれません。Substackも今年と昨年、Twitterに対してTwitterに似た短文ノートチャット機能の両方を展開しました。これに対し、TwitterはSubstackへのリンクを含むツイートへのリツイート、いいね、返信を制限しました。Twitterが自らの長文コンテンツ配信機能を導入し、240文字を超える会話を含む場としての地位を取り戻そうとしているのは理にかなっています。

マスク氏もTwitterの利用において文字数制限が制約にはならないという考えに対して積極的であり、4,000文字まで制限を引き上げ、その後Twitter Blueの加入者向けに10,000文字まで制限を引き上げました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments