月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【驚愕の210億円調達!】Telegram、債券販売により巨額資金を獲得!

【驚愕の210億円調達!】Telegram、債券販売により巨額資金を獲得!

テレグラムは、創設者兼最高経営責任者(CEO)のパヴェル・ドゥロフを含む複数の投資家から、今週に入って債券の売り出しにより2億1000万ドルを調達しました。これは、公開市場でのリスティングへの関心が薄れた景気の減速を乗り切るためのものです。毎月8億人以上のユーザーが利用しているメッセージングアプリは、2億7000万ドル相当の債券を発行して資本を調達しました。「2021年以来、金利が大幅に上昇しているため、債券の発行価格が異なる」と、テレグラムの最高投資顧問であるジョン・ハイマン氏はTechCrunchに語りました。

ドゥロフ氏は、テレグラムがまだ利益を上げておらず、新たな資金調達は「損益分岐点に近づくため」だと述べ、TwitterやSnapなどの競合他社よりも「絶対数で利益に近づいている」と主張しました。一部の「評判の高い有名なファンド」が債券を購入し、特定のファンド名は明かされていません。テレグラムのハイマン氏によると、これらの支持者は「債券に特化した非常に熟練したグローバルファンド」です。

ドゥロフ氏は投稿で、「テレグラムの新しい債券の約4分の1を個人的に購入し、テレグラムの成長に数千万ドルを投資した」と述べました。ドゥロフ氏は過去10年間で数億ドルをこのアプリに投資して稼働させてきたと述べています。

テレグラムは最近急速に成長しており、新しいソーシャルオファリングが続く中でも注目されています。このアプリは過去2年半で3億人以上のユーザーを追加し、毎日250万人の新規登録を集めています。

ドバイに本社を置くテレグラムにとって、財務状況の向上と自己資金調達が大きな課題です。テレグラムは最近、収益化エンジンを立ち上げており、サブスクリプションサービスの開始などを含んでおり、2年以上前に5年間の事前IPOキャンバーチブルボンドを売却することで10億ドル以上の債務資金を調達しました。

テレグラムは数年にわたり上場を目指してきましたが、持続的な世界的な市場の弱さは、引き続き民間投資家に頼る必要があることを意味します。メタ(旧Facebook)やSnapが公開市場で数百億ドルを失った後、Twitter、Discord、Redditなどの他のソーシャルメディアスタートアップは相互ファンド投資家によって評価額が大幅に減少しました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments