日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【驚異の売り上げ!】Amazonプライムデー、史上最高の売り上げ!米国のショッパーが127億ドルもの購買に

【驚異の売り上げ!】Amazonプライムデー、史上最高の売り上げ!米国のショッパーが127億ドルもの購買に

アマゾンは本日、プライムデーイベントの最初の24時間が「会社史上最大の売上高を記録した一日」であり、2日間のイベントは「最大のプライムデー」となったことを発表しました。アメリカの消費者はAdobe Analyticsのデータによると、2日間で127億ドルを費やしました。Adobeによれば、この数字は前年比6.1%の成長を示し、新たな売上記録となりました。アマゾンの年次のプライムデーイベントは今年7月11日と12日に開催されました。

オンライン小売大手は、2日間のセールイベントで3億7500万以上の商品が購入されたと述べており、昨年の300万商品から増加しています。アマゾンの2日間のプライムデーイベントの初日は、アメリカの売上が前年比約6%増の64億ドルに上昇しました。Adobeによれば、プライムデーイベントの2日目には消費者が63億ドルを費やし、前年比6.4%増となりました。

アマゾンの株価は木曜日のプレマーケット取引で最大2.1%上昇しました。

データ企業Numeratorによると、今年の平均注文額は54.05ドルで、昨年のプライムデーイベントの52.26ドルから増加しました。

アマゾンは、プライム会員がディールで25億ドル以上を節約したと述べています。ホームグッズ、ファッション、美容などが販売イベントのトップカテゴリーに含まれます。

Adobeによれば、セールイベントの2日目にはいくつかの異なるカテゴリーで売上が推進されました。家電製品は6月の平均日売上に比べて52%増加しました。家庭用品の売上は27%増加し、電子機器は15%増加しました。その他の急速なカテゴリーには24%増加したアパレルや、バックトゥスクールのショッパーによる76%増加のオフィス用品も含まれます。

興味深いことに、Adobeのデータはまた、消費者が小さいスクリーンでのショッピングにますます快適になっていることを示しており、セールイベントの2日目の売上の44.8%がスマートフォンからのもので、昨年の41.5%から増加しています。

全体のオーダーの6.5%が「今すぐ買って後で支払う」(BNPL)を利用しており、その結果927百万ドルの収益を生み出し、前年比20%増加しました。Adobeによれば、BNPLの使用はアパレル、家具/家庭用品、電子製品などのカテゴリーによって引き続き推進されています。

Adobe Digital Insightsの主要アナリストであるVivek Pandyaは、「数か月間、消費者は持続的なインフレーションと不確実な経済環境の影響を感じており、それがプライムデーイベント周りの支出を柔軟に管理するための方法についての消費者の意識を高めました」と述べ、「買って後で支払うことによる収益の成長は、今後の数か月で予想されるものの一部であり、特にホリデーシーズンに近づくにつれてさらに増加することが予想されます」と述べています。

アマゾンは2015年に初めてプライムデーイベントを開催し、それ以来毎年開催しています。セールイベントは新規の有料顧客を引きつける機会を提供すると同時に、現在の顧客との関係を深めるためにも利用されています。アマゾンはまた、セールイベントを自社のスマートスピーカーやタブレットなど、自社のデバイスのプロモーションにも活用しています。

昨年、アマゾンは2つのプライムデーイベントを開催しました。1つ目は7月12日〜13日に行われ、2つ目は10月11日〜12日に行われました。今年もアマゾンが2つのプライムデーイベントを開催するかどうかは不明です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments