木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【音質は最高クラス!】Spotifyが高音質オーディオ「HiFi」をサブスクリプションで提供へ!

【音質は最高クラス!】Spotifyが高音質オーディオ「HiFi」をサブスクリプションで提供へ!

数年前に初めて発表されたSpotifyのHiFiチャージが、この年の後半に「Supremiumプラン」を介して無損失音声ストリーミングとしてついに発売される予定で、月額$9.99の現行プレミアムプランよりも高額になる可能性があります。Bloombergによると、同社はこの新しいプランを導入して収益を強化し、株主からの価格引き上げ要求にも応えるものです。このプランにはオーディオブックへのアクセスも含まれ、最初にアメリカ以外の市場で発売される予定です。Bloombergは、他の市場で順調に進む場合、同社は米国でのこれらの「Supremiumプラン」導入について10月に議論していると報じました。

昨年の10月、Redditユーザーは、HiFi音楽、ヘッドフォン・チューナー、限定的なポッドキャストの聴取、プレイリスト管理やライブラリの追加機能を含む「プラチナチャージ」と呼ばれる月額$19.99のサブスクリプションについてアンケートを受けたことを報告しました。同社は2021年にHiFiチャージを最初に発表しましたが、そのリリースは遅れています。CEOであるダニエル・エクは昨年、ライセンシングに関連する問題があったため、リリースが遅れたことをにおわせました。

Spotifyの発表から間もなく、2021年5月にAppleは追加費用なしでロスレス音楽に対応するApple Musicを発表しました。同時期、AmazonもAmazon Prime Musicサブスクリプションをアップグレードして、HiFi音楽へのアクセスを提供しました。昨年、Apple Musicは月額料金を$9.99から$10.99に引き上げました。今年初めに、AmazonもAmazon Music Unlimitedパーソナルプランに対して同様の変更を加えました。一方で、Spotifyは現在、9.99ドルのプレミアムプランを提供していますが、一部の国際市場で基本サブスクリプション価格を引き上げています。

2023年第1四半期の決算発表中、Spotifyは月間5億人以上のアクティブユーザーと2,100万以上のプレミアムサブスクライバーを超えたことを発表しました。その高価なプランがサブスクライバー数を多く引き上げるわけではないかもしれませんが、ユーザー1人あたりの平均収益を増やし、Spotifyから無損失音声をアクセスすることを望む人々に価値を追加することができるでしょう。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments