木曜日, 5月 23, 2024
ホームガジェット【10歳でも大丈夫?】Meta社がVRヘッドセットを小学生向けに発売!

【10歳でも大丈夫?】Meta社がVRヘッドセットを小学生向けに発売!

は、Meta Quest 2および3 VRヘッドセットを使用するのに、親が承認すれば10歳から利用できるようになる予定です。テックジャイアントは、子供向けに魅力的で教育的なアプリ、ゲームなどが豊富にあるとし、健康上の問題があるかどうかはまだ判断が出来ていないと述べました。Robloxの発売に間に合った!

新しく導入される親が管理するMetaアカウントには、最初に親の承認が必要であり、親はどのアプリをプリティーンが利用し、制限時間を設定できます。参加するには、アカウントの「家族センター」にほとんどの情報があります。

データ収集に関して、Metaは、「Meta Quest製品を通じて10歳、11歳、12歳の子供から収集した情報を年齢に適した体験を提供するために使用します。この年齢層に広告は提供しません。また、親は、子供のデータが体験を改善するために使用されるかどうかを選択し、子供のアカウントとそれに関連するすべてのデータを削除できるようになります。」と述べています。

FTC(米国連邦取引委員会)が見ていることを願いたいですが、子供のデータを保存する大手テック企業がいるため、削除されていることを願います。

もちろん、子供にVRが適しているかどうかは、すべて親の判断です。しかし、現代のヘッドセットを使用した子供の独立した研究がほとんどないため、健康上の問題があるかどうかはまだはっきりしていません。

その点に関して、Metaは、多くの潜在的なVRの危険性を示した文書を提供しています。例えば、頭が大きいヘルメットが小さな子供には重すぎることや、目の疲れや吐き気の可能性があることなどです。しかし、どのセクションも、Metaが「今のところこれが有害であるという証拠は見つかっていない」と述べています。彼らが不誠実であると言っているわけではありませんが、同社は、自社の製品が人々にどのような影響を与えるかに関しては、信頼性のある評判を築いたわけではありません。

子供の「現実の区別の浸食または遅延」の可能性は、最も恐ろしいことかもしれません。幼いころには現実とファンタジーが混ざり合う傾向がありますが、5年または10年前には、フルイマージョンディスプレイと写実的な世界に溶け込むことができるような製品はありませんでした。

子供にVR体験をさせることを決めた場合、クールです。それは、VRは素晴らしい体験であるため、誰にとっても本当に楽しい体験になるかもしれません。しかし、即座にでも、長時間にわたる曝露でも、成人でも負の影響を受けることがあるため、子供の使用時間に気をつけて、技術的にどの程度まで深く関わるかに注意して、子供と話し合ってください。Metaでさえリスクがあることを伝えている場合は、注意して聴いてください。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments