日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【興味深いニュース!】音楽パブリッシャーがTwitterを250億円の訴訟提起

【興味深いニュース!】音楽パブリッシャーがTwitterを250億円の訴訟提起

ユニバーサルミュージック社、BMG、Warner Chapell、Sony Music Publishingを含む音楽出版社の連合(以下、「原告団体」という)は、Twitterを著作権侵害で訴えている。告訴状は、17の音楽出版社を代表する全米音楽出版者協会(NMPA)が、1,700曲の著作権侵害通知を複数回送信したことを列挙している。原告団体は、Twitterがこれらの通知に何の対応もしなかったため、最大15万ドルの罰金を求めている。

訴状は、「Twitterは、著作権法における出版社や他者の独占的権利を侵害する『楽曲作品の多数の違法コピー』でビジネスを推進している」と主張している。また、TikTokやInstagramとは異なり、Twitterは著作権保護された音楽の使用に関する契約を結んでいないことを付け加えている。

今年3月、米紙The New York Timesは、エロン・マスクが音楽業界との協定の停滞について話し合っていると報じた。ニューヨーク・タイムズ(英文)によると、これらの契約は、確立されたプラットフォームでは1年あたり1億ドルの費用がかかる可能性があるとのことである。

原告団体は、多くのユーザーが許可された音楽を使った動画をアップロードしていることから、Twitterがマルチメディアコンテンツの「熱い目的地」となっていると主張している。訴状はまた、マスクが有料ユーザーに2時間の長さの動画アップロードを許可したことを「裏付ける」といい、プラットフォームには完全な著作権映画がアップロードされるなど、多数の事例があることが述べられている。さらに、Twitter自身が、動画の利点を高いエンゲージメントにつながるものとして述べたマーケティング資料も言及されている。

訴状は、DMCAを「人類の疫病」と呼んだマスクのツイートを引用している。

「Twitterは、サービス内の数百万曲をライセンス化することを完全に拒否した最大のソーシャルメディアプラットフォームです。」と、業界団体の国民音楽出版者協会の会長であるデイビッド・イスラエライトは、LA Timesを通じてその声明を発表した。

「Twitterは、音楽がプラットフォーム上で多くの人々によってリークされ、起動され、ストリーミングされていることを十分に知っています。もはやDMCAの後ろに隠れて、シンガーソングライターや音楽出版社に報酬を支払わないことはできません」としている。

先月、マスクがNBCUの新CEOを発表した際、イスラエライトは、新しいCEOの最初の仕事は、プラットフォーム上の未許可の音楽の問題に対処することであるとツイートした。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments