木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【スキンケアの常識が変わる!】Google Lensが肌トラブルを診断

【スキンケアの常識が変わる!】Google Lensが肌トラブルを診断

グーグルは、物体を特定するコンピュータービジョンによるアプリであるGoogle Lensを新機能で強化します。

今日から、Lensを介してアップロードされた写真から、人の皮膚に見られるものに似た病気、例えばホクロや発疹が検出できるようになりました。視覚的に一致するものを検索できるようになり、唇の隆起、爪の模様、脱毛のように言葉で説明するのが難しい他の身体的疾患にも適用されます。

これは、2021年にグーグルが発表したAI駆動の肌・髪・爪の病気を診断するアプリには及ばないものの、それに近い機能と言えます。このアプリは、最初にEUで導入され、米国では食品医薬品局の承認が必要であったため、参入壁が高い状況でした。(グーグルは承認申請を行わなかった。)

ただし、Lensの機能は、医療処置を受けるべきか、市販薬を使用するかを決める際に役立つことがあります。

また、I/Oで発表されたように、LensはBard(GoogleのAIチャットボットエクスペリエンス)と統合されます。ユーザーはBardのプロンプトに画像を含めることができ、Lensは裏で作業し、表示されたものを意味するようにBardをサポートします。たとえば、靴の写真を見せて「これらの靴は何と呼ばれていますか?」と尋ねた場合、Lensの解析によって情報が提供され、Bardは答えを返します。

グーグルは、生成的AI技術へのリソース投資を増やしている中で、ChatGPTに対する回答であるBardを最新の更新しました。先週、グーグルはBardがバックグランドで自分自身のコードを書き、実行、テストできる機能を導入し、プログラムや複雑な数学問題を解決する能力を向上させました。そして5月には、グーグルはAdobeと提携して、Bardに芸術生成の機能をもたらしました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments