木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリGoogle 6月のPixel Dropを発表

Google 6月のPixel Dropを発表

Googleは、6月のPixel Dropを発表しました。この更新には、Googleアシスタントでセーフティチェックをスケジュール設定する機能、車の事故時に緊急連絡先と即座の位置共有ができるようになる機能、新しいハンズフリー写真機能、Pixel Watchの酸素飽和度モニタリング機能などが含まれます。

Pixel機能

Google Pixelのセーフティチェック機能は、予定された時間に通知に応答しない場合、緊急連絡先にアラートを送信します。今後、ユーザーは、「Hey Google、40分のセーフティチェックを開始して」とGoogleアシスタントでスケジュールすることができます。

Googleは2019年にPixelデバイスで車の衝突検知機能を導入しました。最新のPixel Dropでは、緊急連絡先にリアルタイムの位置情報を通知し、緊急サービスに連絡するだけでなく、車の衝突が発生した場合にもアラートを送信します。

この検索大手は、Pixel 6以上のデバイスで、新しい方法のハンズフリーセルフィー撮影機能を導入します。ユーザーは、手を上げるだけで3秒または10秒のタイマー付きの自己タイマー写真を撮影できます。同じセットのデバイスでは、2D写真を3Dのダイナミックな壁紙に変換するAI搭載機能を提供します。また、カラーやパターンのカスタマイズオプションを備えた4,000以上の絵文字壁紙の組み合わせを楽しむことができます。

Googleは素晴らしい録音アプリを搭載しており、来週からは録音にスピーカーラベルを添付する機能を提供します。これにより、録音の中で誰が何を言っているかがわかりやすくなります。さらに、録音の文章を単独のGoogleドキュメントファイルにエクスポートしたり、スピーカーラベル付きのビデオクリップを作成したり、録音内のスピーカーを検索したりできるようになります。

GoogleはPixel 7 Proの写真のマクロフォーカスモードを構築しました。最新の更新では、これをビデオにも拡張します。

Pixel電話には他にも多数の更新があります:

  • Pixel Homeアプリが再設計され、ホームパネルを介してロック画面からスマートホームデバイスに簡単にアクセスできるようになりました。
  • Pixel 6aおよび7aには、ハードで平坦な表面に置かれたときに振動強度を下げて振動を減らすための適応型触覚が搭載されています。
  • Googleは、新しいGoogleアシスタント音声を2つ導入して、ユーザーが使用できる米国英語の音声が12種類になります。
  • 同社は適応的充電機能を調整して、アンプラグ予定の1時間前に充電をゆっくりと行うようにし、充電習慣について学習するため、数回の充電サイクルが必要になります。以前は、適応的充電機能は特定の時間帯にアラームを設定することに依存していました。

Pixel Watch機能

  • 最新のPixel Dropでは、SPO2(血中の酸素飽和度)モニタリング機能を導入します。Googleは、この機能が医療診断するためのものではないとしながらも、睡眠中に血中酸素量の変化を把握することで、睡眠の質を測定できると述べています。
  • Pixel Watchは、心拍数が非常に高くまたは非常に低い場合にアラートを送信し、必要に応じて専門家に相談できるようになります。

これらの更新の一部は、時間をかけて導入されるため、デバイスにすぐに反映されないことがあります。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments