日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【誰でも稼げる!】YouTube、マネタイズプログラム参加条件の緩和宣言!

【誰でも稼げる!】YouTube、マネタイズプログラム参加条件の緩和宣言!

YouTubeは、YouTubeパートナープログラム(YPP)に参加し、かつ20,000以上の購読者を有する米国のクリエイターを対象に、モノの販売のアフィリエイトプログラムを拡大し、クリエイターがモノの販売により収益を得るための要件を下げました。

Google傘下の同社によると、パートナープログラムの資格を取得するための新しい条件は次のとおりです:

  • 購読者が500人以上あること
  • 過去90日間に公開した動画が3本以上あること
  • 過去1年間に3,000時間以上の視聴時間または過去90日間に3百万回以上のショートビデオの視聴回数があること

この前は、要件には、次の条件が含まれていました:

  • 購読者が1,000人以上あること
  • 過去1年間に4,000時間以上の視聴時間または過去90日間に1,000万回以上のショートビデオの視聴回数があること

新しい閾値を満たせば、クリエイターはYPPの一員になることができ、スーパーサンクススーパーチャットスーパーステッカーといったチッピングツール、チャンネル会員機能、およびYouTubeショッピングでの自身の商品のプロモーション機能にアクセスできます。

90日間に3本の動画のアップロード基準は興味深いことです。少なくとも長時間のビデオクリエイターにとっては、動画を複数製作するには材料がないかもしれませんが、何百万回もの視聴を集めた場合でも、基準が満たされます。

YouTubeは、この新しい資格基準を米国、英国、カナダ、台湾、および韓国に適用し、対象国でYPPを提供する他の国でも今後展開する予定です。

このビデオストリーミング会社は、米国のクリエイターに対してショッピングアフィリエイトパイロットを拡大しており、すでにYPPに参加し、20,000人以上の購読者を持つクリエイターは、ビデオやショートビデオで製品にタグを付けてコミッションを稼ぐことができます。YouTubeは、昨年11月、一部の米国のクリエイター向けにショートビデオ関連の機能を導入しました。

YouTubeは、来週のVidConカンファレンスで、新しいプログラムについての詳細を説明します。

3月には、YouTubeは、動画の冒頭で不適切な発言をすることに関する規則を変更する必要がありました。同社は、11月に方針を導入し、古いアップロードであっても最初の15秒間に不適切な表現が使用された動画を失格にすることになりました。同社は、新しい方針で時間制限を7秒に短縮し、音楽内での不適切な発言を認めました

このグーグル傘下の企業は、ショートクリエイター向けの新しい収益化ツールの導入に注力しています。2月には、YouTubeは、ショートビデオで広告収益を共有することを開始しました。同社は、Q4の2022年の収益電話会議で、ショートビデオが1日に50億回再生されたと発表しました。2021年10月、Metaは、InstagramやFacebookで1日に合計1,400億回再生されたと発表しました。

昨年、YouTubeはアーティストが自分たちの音楽をビデオで使用する代わりにお金を稼ぐためのCreator Musicというツールを発表しました。3月には、同社は、アーティストのショートビデオを含むすべてのフォーマットでの到達範囲を追跡する新しいメトリックを導入しました

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments