木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【絶対に見逃せない!】パーティープランニングプラットフォームのPunchbowlがTimehopを買収!

【絶対に見逃せない!】パーティープランニングプラットフォームのPunchbowlがTimehopを買収!

オンラインパーティープランニングプラットフォームのPunchbowlが親会社であるSincere Corporationを作るためにリブランドしています。さらに、パーソナルメモリーカプセルアプリのTimehopを取得しています。Sincereによると、製品としてのTimehopは引き続きメモリースペースに取り組むとのことです。この取引の一部として、Timehopで主に働く従業員のうち、Matt Raoul氏を含む一部がSincereに移籍します。

Timehopの歴史

Timehopは、Facebook、Instagram、Twitter、Google Photos、Dropboxなどのさまざまなプラットフォームからユーザーの写真の思い出を表示する、2010年代に非常に人気のあったアプリでした。このアプリの魅力は「今日はあなたの歴史の中で」というポストを表示し、数年前に何が起こったかを思い出させることです。

このアプリは、Spark Capital, O’Reilly Alphatech Ventures, Shasta Ventures, FoursquareのDennis Crowley氏、Randi Zuckerberg氏などの投資家から1,400万ドル以上の資金を調達しました。実際、Facebookは2015年に「この日にちに」(On This Day)という名前のTimehopクローンを作成し、1年間で6,000万人の日常的な訪問者を集めました。さらに、Googleも、Photosサービスの「This Dayを再発見する」機能を導入しました。

そして10年代後半、アプリの関心が薄れ始めました。2017年、CEOかつ創設者のJon Wegener氏はSnapで働くために会社を去りました。2018年には、このアプリに2,100万人のユーザーデータ漏洩事件が発生しました。

TechCrunchとの電話で、Punchbowlの創設者兼CEOのMatt Douglas氏は、まだ「数百万人」が毎日Timehopをオープンしていると述べました。

Data.aiの分析データによると、Google Play StoreとApple App StoreでのTimehopのダウンロード数は2014年に1350万回を記録しました。しかし、昨年はわずか14万回のダウンロードにとどまりました。同社は、米国がダウンロードのグローバルシェアの63%を占め、英国が22%を占めていることを明らかにしました。

別の分析企業Sensor Towerによると、Timehopは2020年以降、わずか72万回しかダウンロードされていないとのことです。シニアインサイトアナリストのAbe Yousef氏は正確な数字を明示しませんでしたが、2023年5月の月間アクティブユーザー数が、2016年5月に比べて80%減少したと述べています。

Sincereのロードマップ

2021年にVidHug(現在はMemento)を買収してから、Punchbowlは記憶を作成するという作業に焦点を合わせたブランドを作りたいと考え、Sincereにリブランドすることにしました。Timehopよりも規模は小さいですが、Punchbowl(2013年から活動中)とMemento(2021年から活動中)の生涯ダウンロード数は、Data.aiによると、それぞれ400万回と67,000回でした。ただし、これらのプラットフォームのWeb使用量は含まれていません。

Douglas氏は、Sincereはサブスクリプション会社であり、ユーザーにとって意味のあるサブスクリプションの導入方法を検討していると述べました。彼は、有料プランには広告を削除するなどの特典が含まれる可能性があると示唆しました。

さらに、Sincereは、さまざまな事業に寄付するためのファンドを設立する予定です。さらに、同社は、ブッククラブを作成および管理するのを支援するBookClubsに約50万ドルを投資する予定です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments