日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【Uberが北米全域でカーシェアリングサービスを展開!】最新ニュースをチェック!

【Uberが北米全域でカーシェアリングサービスを展開!】最新ニュースをチェック!

Uberは、北米におけるP2Pカーシェアリングを導入する計画を発表しました。同社は、トロントとボストンから始める予定です。イベントは、ロンドンのGo-Get製品イベントで発表されました。(出典:TechCrunch)

このライドヘイリングとデリバリーアプリ会社は、オーストラリアでのカーシェアリングサービスを昨年、ローカルスタートアップCar Next Doorを買収した後に開始しました。アプリユーザーが自分の車を貸し出すことができるサービスは、Uber Carshareにリブランドされました。

Uber Carshare都市に住む顧客は、アプリを使って車を閲覧し予約することができ、時間または日単位でレンタルできます。レンタルした車は、どこで借りたかに返却する必要があります。Uberは価格を提案しますが、オーナーは最終価格とその車の可用性を設定する権限があります。燃料費は料金に含まれます。(出典:Uber)

Uberはこのサービスを、持続可能性と排出削減の一環として位置付けており、この目標はイベント中に何度も言及されています。さらに今年早くに開催された別のGot-Getイベントでは、Uberは新しい顧客、例えば13歳のティーンエイジャーやファミリーなどの新しい顧客を獲得するための新しい製品と機能を発表しました。アプリを使わずに車を呼ぶことが好きな人々は、アカウントをリンクするための顧客や、Uberで運転手に乗るよりも快適感のある顧客もいるでしょう。

「温室効果ガス排出削減は、私たちの世代の決定的な課題です。私たちは、食べ物から乗り物までの日々の選択から、地球に影響を及ぼす決定を毎日数十回行っています。Uberがいかに私たちに環境に配慮させるかは、個人の価値観がこれらの決定を導く一方で、利便性も重要です。つまり、Uberは、グリーンな選択をすることが、ライドや配送などを通じて簡単になるよう努めています。私たちが今日発表する小さな変化は、大きなことにつながっています。我々はグローバルなプラットフォームにおいてユーザーエクスペリエンスの中核に持続可能性を築き、ゼロエミッションの目標を共に達成していくことにつながると信じています。」
UberのCEOであるDara Khosrowshahiは、声明の中で述べています。

Uberは、次にカーシェアリングサービスを開始する場所を発表していませんが、同社は交通手段として車が必要な周辺地域が多い高密度都市を優先しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments