金曜日, 2月 23, 2024
ホームアプリ【WhatsAppが新機能発表!】チャンネル機能が更にビジネス利用を進化させる!

【WhatsAppが新機能発表!】チャンネル機能が更にビジネス利用を進化させる!

Metaは、Instagramに最近導入したアップデートに似た、WhatsApp上のChannnelsという名前の放送型メッセージング機能を導入し始めた。このソーシャルメディア企業は、20億人のユーザーに対してより多くの会話の手段を提供する実験を行っており、今後はこの機能から収益を得ることを目指している。

WhatsAppでは、ChannelsのメッセージはUpdatesと呼ばれる新しいタブに表示されるようになる。これは、InstagramでのMetaのアプローチとは異なり、チャンネルの発表はダイレクトメッセージで伝えられる。WhatsAppでは、Metaは、個人のクリエイターではなく、NGO、医療研究機関、ファクトチェック機関などのエンティティが使用するチャンネルの機能を容易にすることに注力している。

管理者は、テキスト、写真、動画、ステッカー、投票をこれらのチャンネルに送信することができる。特筆すべきは、これらは一方的な会話であるため、ユーザーはこれらのメッセージに返信することはできない。

ユーザーは、招待リンクを介してチャネルに参加することができるだけでなく、WhatsAppは、趣味、スポーツチーム、地方行政のためのさまざまなチャンネルを見つけるためのディレクトリを構築している。同社では、管理者が自分たちのチャンネルの発見性をオフにするためのツールを導入する予定である。

「今日、私たちはWhatsApp Channelsを発表しました。あなたにとって重要な人々や団体を、WhatsApp内で直接フォローする、最もプライベートな方法としてChannelsを構築しました。シンガポールとコロンビアから始めますが、今年後半にはすべての地域に展開する予定です。Channelsは、最もプライベートなコミュニケーション方法として構築しています。チャネル管理者として、あなたの電話番号はフォロワーに表示されず、チャネルをフォローしても、その事実が管理者やその他のチャネルをフォローしている人々に表示されることはありません」とMark Zuckerberg氏は述べている。

また、Channelsで送信されたメッセージは30日後に削除され、同社はそれらの記録を保持しないという。

Metaは、ColombiaとSingaporeを始めとする選ばれた市場で、Singapore Heart FoundationやColombia Checkなどの先駆者と共にChannelsを展開する予定である。同社には、国際救援委員会(IRC)、世界保健機関(WHO)、およびFC BarcelonaやManchester Cityなどの著名なスポーツチームを含む多数の国際的なパートナーがいる。

最終的には、MetaはChannelsの機能を利用できるユーザーに提供することを目標として、さまざまな国々でこの機能を拡張する予定である。

Mark Zuckerberg氏が率いるこの企業は、この機能を活用するための様々な可能性についても考えている。

そのうちの1つは、大規模なチャンネルに対してエンドツーエンドの暗号化を解除し、オーディエンスを制限しないことである。同社は、これをビジネスに対する支払いサービスと組み合わせて、ディレクトリでのプロモーションの機能を提供することを検討している。

Channelsは、Communities(20億人を超えるユーザーベース向けの大規模なグループ会話機能)の後継機能である。同社は、昨年、Communitiesを導入し、クラブ、学校、住民共同体などすべての議論の場所を提供するのを支援した。Channelsでは、WhatsAppは組織や当局がユーザーに最新情報や警告を発行するためのプラットフォームになることを目指している。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments