木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【新しいインスタ広告を極めよう】マーケティングAPIで検索結果に広告出稿!

【新しいインスタ広告を極めよう】マーケティングAPIで検索結果に広告出稿!

Instagramは、2か月前に「検索結果広告」のテストを開始する旨を発表していたが、Instagram Marketing APIを利用することで今後は公式に表示されることになった。これによって、「スポンサーラベル」が付けられている広告が、検索結果からタップして表示される投稿のフィード内に表示される。Instagramは、この広告表示を新たに追加することで、消費者の視点からは歓迎されないことになるだろうと考えられる。
この変更により、ユーザーは自分の検索に関連した広告を表示するようになる。例えば、「スキンケア」と検索した場合、検索結果のフィード内で関連する広告を表示する。投稿と広告の違いは、「スポンサード」ラベルでアカウント名の下に表示される。
Instagramは「本日より、Instagram Marketing APIを利用してInstagramの検索結果に広告を表示することができるようになりました。この新しい広告配置は、すべての現行マーケティングAPIバージョンで利用可能で、アップグレードは必要ありません。この新しい機能を利用することで、アプリを更新してクライアントにAPIを介してInstagramの検索結果で広告を作成・プレビューすることができます。」とブログで説明した。
新しい広告配置は、広告需要の低迷で躓いているMetaが収益を上げるための手段として機能する。Metaは、3四半期連続で広告売上が減少していたが、2023年第1四半期に広告収益が約4.1%増加した。
Instagramは検索結果広告を発表すると同時に、「リマインダー広告」という新機能も導入した。この機能は、企業が将来的に関心を持っている可能性のあるイベントや製品リリースを発表、リマインダー、通知しやすくすることを目的としている。リマインダー広告のアイデアは、広告主が将来的なイベントに対する認識と期待を高めることを助けることである。ユーザーはリマインダーに参加でき、Instagramから3つの通知を受け取ることができる。イベントまたは製品リリースの前日にリマインダーが送信され、イベントまたは製品リリースが15分前および開始時に通知される。
Metaが広告売上の減少に苦しんでいたため、2つの新しい広告スロットを開始することでInstagramの広告枠を拡大するという取り組みを始めることで、広告の表示回数を増やすことを決定した。Metaは、Facebook Reels向けに新しい広告形式を導入し、広告主がExploreホームページやプロフィールフィードで広告を実行できるようにすることも開始した。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments