火曜日, 2月 27, 2024
ホームアプリ【今度は人工知能がチャットボットとして!】TikTokがTakoをテスト中!

【今度は人工知能がチャットボットとして!】TikTokがTakoをテスト中!

AIチャットボットは、ChatGPTのように大注目されており、TikTokも独自のAIチャットボットである「Tako」のテストを始めた。このボットは選ばれたマーケットで限定的にテストされており、TikTokのインターフェイスの右側、ユーザーのプロフィールやライク、コメント、ブックマークなどのボタンの上に表示される。ユーザーは、タップすることでTakoにビデオに関する様々な質問を自然言語のクエリで行うことができる。また、特定のトピックのビデオを勧めるようにTakoに要求することもできる。その場合、ボットはビデオの名前や著者、対象などが記載されたリストを返し、さらにリンクを提供する。

このボットは、アプリのインテリジェンスファームであるWatchful.aiにより公にテストされていることが発見され、TikTokもテストを公式に始めたことを認めた。TikTokの広報担当者は「革新の最前線にいることは、TikTokの体験を構築するための核心的な部分であり、私たちは常にコミュニティに価値を追加する新しい技術を探求しています。我々は、TikTokで安全な場所を創造し、情報を提供することで、創造性を刺激して文化を導くことを目指しています」と述べた。

ただし、Watchful.aiはこのAIチャットボットがアメリカのiOSデバイスでテストされていると発言したが、TikTokによると、現在のボットのバージョンはアメリカでは公開されていないが、フィリピンを含む他のグローバル市場でテストされている。

このAIチャットボットは、未成年者のアカウントでは表示されない。TikTokは独自のニーズに合わせたカスタマイズされた第三者AIプロバイダーを利用している。初回起動時に、TikTokはTakoがまだ「実験的」と見なされており、「フィードバックが真実であるとは限らない」というポップアップメッセージを表示する。また、TikTokは、医学的、法的、財務的アドバイスに依存するべきでないことを強調している。

AIチャットボットのセキュリティリスクにより、一部の企業は職場でこのようなボットを禁止している。これらの懸念から、TikTokはTakoの会話を削除することを可能にするようにしている。Googleは、Gen Zが特定のトピックを検索するためにTikTokやInstagramに移行していることに注意し、TikTokが独自のAIチャットボットを持つことが可能性があると指摘している。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments